筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

  • 会長メッセージ
  • 原点
  • 沿革

高西文利のメッセージ

競技者の方

マルヤジムは『筋肉づくり専門』のトレーニング施設となります。筋肉を作る運動は、ウェイト・トレーニング、筋力トレーニング(筋トレ)、筋肉トレーニング、レジスタンス・トレーニングといったような呼び方があります。できるだけ誤解を招かないように、マルヤジムでは『筋肉づくり運動』と呼んでいます。

対象者としては、老若男女を問わず、①ひきしめ、②老化予防・若返り、③競技力向上、④健康管理、⑤成長・発育促進、⑥老後の体力回復を目的とする方々です。 一人でも多くの方に、マルヤジム流の筋肉づくり運動を体験して頂き、『最短・最高の効果を上げること』で、目的を叶えて頂きたいと思っています。

人は何のために生まれてきたのか?という究極的な問題の答えは“しあわせ”という言葉でつながれるように思います。日々の生活の中で、食事がおいしい、良く眠れる、気分が良いといったことから、海外旅行へ出かけた、ハイレベルの勝負に勝った、といったような特別な喜びを感じる場合にしても、そのような瞬間に浮かぶ言葉が“しあわせ”ではないかと思います。 マルヤジムは“筋肉づくり”を行うことで、皆さんがより多くの最高の“しあわせ”に出会えるお手伝いをしたいと思っています。

マルヤジムは『筋肉づくりは、人生を豊かにするために、無くてはならないもの』という信念を持っています。日頃から、お世話になっております東京大学大学院の石井直方教授は「筋肉づくりは体づくりなんです」とおっしゃいます。また私自身、現場の指導を通して、安心・楽しい・おもしろい・易しい・優しい、精神的な安定をもたらす筋肉づくりは、『人間づくり』でもあるように思います。

そこで、マルヤジムの使命を『筋肉づくりで、体づくり・人間づくり・幸せづくりのお手伝い』としました。これが、マルヤジムのミッションです。

会員さまにも覚えて頂けるように、『きんにくづくり・からだづくり・にんげんづくり・しあわせづくり』の頭文字をとって、“きかにし”としました。私の苗字が“たかにし(高西)”ですので、ユーモアを交えながら覚えて頂いております。

マルヤジムの社員一同、皆さまの“筋肉づくりで、幸せづくり”のお手伝いをさせて頂くことに心から感謝いたします。これからも皆さまに愛され、満足して頂けるサービス・指導に努力と精進を重ねて参ります。 マルヤジムをどうぞよろしくお願い申し上げます。


平成22年12月1日
マルヤジム会長/ストレングス・トレーニングマスター
高西文利

マルヤジムの原点

原点1

左から、東京大学大学院教授 石井直方先生、マルヤジム会長 高西文利。

私の筋肉づくり運動(筋トレ)との関わりは、法政大学入学時の1976年からスタートしました。

入学して3カ月後、体調を崩した私は、大学の診療所で「食事をしっかり取ることと適度な運動」を薦められました。そこで体育館を見学することにしました。地下1階にトレーニングルームがあり、お昼休みに行ってみると、ボディビル部員がトレーニングをしていました。“ベンチプレスやスクワット”という言葉さえ知らないまま、入部しました。6月中旬のことでした。

トレーニング開始時、私の50kgそこそこの体重はどんどん増えて、大学3年生の終わり頃には、驚異的な増加で、100kg近くにまでなっていました。このような経験をしながら私は学生時代に、関係者の方々から、筋肉づくり運動(筋トレ)の基本(原理原則)を学びました。

原点2

左から、東京大学大学院教授 石井直方先生、サンプレイ会長 宮畑豊先生、マルヤジム会長 高西文利。

大学卒業後は東京上野御徒町にあるサンプレイ・トレーニングセンターにお世話になりました。その理由は①尊敬する宮畑豊会長の指導を受けることと、②現東京大学大学院教授の石井直方先生と一緒に、トレーニングをさせて頂くことの2つです。

そこで私は、実践を宮畑会長に、理論を石井先生に学びました。それと、私にとっては、当時のサンプレイの雰囲気がとても気に入っていました。宮畑会長を中心として、一つのファミリーになっていて、女性の会員様も多く、男性の熱気がムンムンしていながら、まったく違和感がありませんでした。ボディビルダーを含むスポーツ選手から、一般の健康管理者、高齢者、歩くことも困難な人など、男女を問わず、いろいろな会員様がトレーニングをしていました。そこでは自然に会話が弾み、感動的な場面が共有され、“出会い・ふれあい”から結婚に至る会員さんも多数いらっしゃいました。

そして、1987年の12月26日、故郷の長崎へ戻ることになった時には、理想とするジムのイメージができ上がり、長崎で何ができるか?私の果たすべき役割とは何か?なんとか“指導者としてやっていける”という自信と確信をつかんでいました。

私は、宮畑会長と石井先生に、筋肉づくり運動の進むべき道を教わりました。サンプレイという環境の中で、楽しく、喜びと幸せを感じながら、育てられたように思います。そのお陰で、長崎に帰ってから、私は、現場に目を向けながら、現場に学び、失敗をくりかえしながら、やっと今のレベルにたどり着きました。

『凡庸な教師は、命令する。いい教師は、説明する。優れた教師は、範となる。偉大な教師は、心に火をつける』<アメリカの教育者ウィリアム・ウォードの言葉>

私は宮畑会長・石井先生に、徹底して、心に火をつけて頂いたと思っています。

日本には昔から『守・破・離』という大切な教えがあります。現在ではホスピタリティやコーチングでも使われ、以下のような意味があると言われています。

①『守』・・・基本であり、先生や師匠の教えを徹底して守り、完全に身に付ける。
②『破』・・・身に付けた教えを応用、改善して自分なりに試してみる。
③『離』・・・オリジナルな独自のスタイルを確立し、発展させ精進を重ねる

※参照文献:『ホスピタリティコーチング』清水均、『成功ノート』企業家大学

①私はサンプレイで、トレーニングジムの本質、筋肉づくり運動の基本原理と原則(筋肉に効かせる・筋肉を見る目)の深みを、徹底して学びました。

②長崎に帰ってからは、現場を観察し、サンプレイで身に付けた、教えを応用して指導してきました。

③マルヤジムの考え・価値観で、オリジナルな指導法を提案し、実践しています。
私が法政大学・サンプレイで学んだこと。何もないところから、マルヤジムが生まれた原点がここにあります。


平成22年12月1日
マルヤジム会長/ストレングス・トレーニングマスター
高西文利

マルヤジムの沿革

1988(昭和63年)
3月 1日

高西文利が東京から長崎へ戻り、筋力トレーニング専門の”マルヤジム”を長崎市江戸町5-6 明和ビル3Fにオープン。30坪からスタートする

1992(平成4年)

長崎市江戸町5-6 明和ビル3Fを45坪へ拡張する

1997(平成9年)
7月 1日

長崎市江戸町5-6 明和ビル3Fを全部(66坪)賃貸契約する

2001(平成13年)
10月14日

長崎市宝町にて法人(共同)経営で宝町店オープン(250坪)
1F:駐車場(90坪)、2F:更衣室・スタジオ(80坪)、3F:トレーニング(80坪)

2001(平成13年)
11月 1日

長崎県西彼杵郡長与町高田郷47に道の尾店オープン(40坪)

2008(平成20年)
7月 1日

長崎市宝町5-9 Rビル2・3Fへ移転。個人経営に戻す(各50坪)

2010(平成22年)
7月 1日

個人経営から株式会社 マルヤジムへ移行する
代表取締役兼社長(CEO):高西文利
専務取締役:前田浩二

2010(平成22年)
9月25日

長崎市宝町5-9 Rビル3F(1/3)に事務所を設置

2014(平成26年)

会長:高西文利
代表取締役兼社長(CEO):前田浩二

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan