筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

筋トレと柔道界

『臨床整形外科2015Vol.50No.9』(医学書院)9月号に掲載されている、
誌上シンポジウム
「Life is Motion ― 整形外科医が知りたい筋肉の科学」での、
 
神谷武先生(JCHO東京新宿メディカルセンター整形外科)のテーマは、
『世界と戦うために―全日本柔道における筋力トレーニングの現状と未来への提案』となっています。
 
内容としては以下の5つの具体的なテーマになっています。
 
①筋トレが柔道界に導入された経緯
②日本柔道における筋トレの現状
③なぜ日本柔道は筋トレに対して否定的なのか?
④未来への提案(嘉納治五郎師範が目指した柔道とは?)
⑤まとめ
 
上記のような内容に入る前に、柔道についての概略的な説明をされています。
 
柔道は、1882年、嘉納治五郎という人が創始されたものです。
 
柔術各流派の優れたところを集めて、危険なところを除き、心身の鍛錬のための手法としてできた、日本古来の武道です。
 
現在では、世界200か国が国際柔道連盟に加盟しており、オリンピックの正式種目であり、世界中で広く行われているスポーツです。
 
紙谷先生はチームドクターとして、多くの国際大会に帯同され、現場を通して、外国人選手との筋力差を痛感されています。
 
その上で、筋トレの必要性を実感されています。
 
最近では、多くの日本人選手が筋トレを行っていることが、調査によって解っています。
 
そのデータ分析によって、課題が浮かび上げっています。
 
将来、日本人が国際舞台で活躍するための提案がされていますので、後日順を追って紹介したいと思います。
 
このテーマでの結論は、「筋トレを行うこと」になるのですが、その意味することの理解と実践の中身が重要に思います。
 
現在イングランドで行われているラグビーワールドカップでの日本の活躍は、柔道での未来の姿かもしれません。
 
結果を出すためには、一人でも多くの選手が、一日でも早く、柔道での稽古と同じような魂の入った筋トレの実施が必要に思います。
 
筋トレを実際行ってみると、それほど伸びなくなる場合があります。
 
それを打破するためには、筋トレにおけるスキルアップはもちろんですが、意識の高さががより重要になってきます。
 
筋トレは早いもの勝ちです。
 
特に筋トレで劇的な効果を上げることができる指導者に出会えた選手は、早く取り組めば取り組むほど他者にドンドン差をつけることができます。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

世界と戦うために

『臨床整形外科2015Vol.50No.9』(医学書院)9月号に掲載されている、
誌上シンポジウム
「Life is Motion ― 整形外科医が知りたい筋肉の科学」の全体は、以下の通りです。
 
1、緒言(柏口新二)
2、骨格筋―その神秘と可能性(石井直方)
3、高齢社会におけるサルコペニア肥満の実態と対策(久野譜也・他)
4、アスリートにとっての筋トレ―使える筋肉・使えない筋肉(谷本道哉)
5、世界と戦うために―全日本柔道における筋力トレーニングの現状と未来への提案(神谷武・他)
6、モンスターエンジンを手に入れろ―筋トレの取り組み方(高西文利)
7、100歳まで歩くために―スロートレーニングの理論と実践(谷本道哉)
 
これらのテーマの中で今回は、
 
5、「世界と戦うために―全日本柔道における筋力トレーニングの現状と未来への提案(神谷武・他)」
 
について紹介したいと思います。
 
この投稿は、JCHO東京新宿メディカルセンター整形外科の神谷武先生と柏口新二先生が担当されています。
 
内容としては以下の5つの具体的なテーマになっています。
 
①筋トレが柔道界に導入された経緯
 
②日本柔道における筋トレの現状
 
③なぜ日本柔道は筋トレに対して否定的なのか?
 
④未来への提案(嘉納治五郎師範が目指した柔道とは?)
 
⑤まとめ
 
キーワードとして、「柔道、筋力トレーニング、アンケート調査」の3つを挙げられています。
 
概要説明の中に「柔能く剛を制す」と「柔剛一体」の興味深い言葉がありました。
 
また、神谷先生が全日本柔道強化選手に対して筋トレ(筋力トレーニング)のアンケート調査をされた結果が公開されています。
 
筋トレの理解がどれほどか?
 
ということが良く解る2つのご意見があります。
 
1)柔道の稽古自体が筋トレになっている
 
2)正しい柔道は「柔能く剛を制す」である
 
これらは、トレーニング科学の視点では、明らかに間違いです。
 
ところが、経験で磨いてきた感覚的な視点では、正解ということになっています。
 
これからの投稿で、
これらの矛盾を紐(ひも)解き、
 
日本のスポーツ界の発展につながる提案まで説明していきたいと思います。
 
そのカギ、つまり土台となるのが『筋力トレーニング(筋トレ)』にあることを確認し、
 
またできるだけ多くの方々が
筋トレの無限の可能性と素晴らしさに気づかれ、
 
取り組まれることを願ってやみません。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

『体幹とインナーマッスル・トレーニング』の勘違い

スポーツの現場では、体幹トレーニングはリハビリテーションやコンディショニング的な位置づけにも関わらず、「体幹の強化をしている」と勘違いをされている指導者やアスリートを良く見かけます。
 
同じように、インナーマッスルのトレーニングで、500g~2㎏ほどの重量を使って、「筋肉を強化している」と勘違いされている指導者やアスリートも多くいらっしゃるようです。
 
インナーマッスルのトレーニングをしても、アウターマッスルを強化することは不可能です。
 
あくまでも、リハビリテーションやコンディショニングの運動です。
 
しかしながら、バーベルやダンベルでのフリーウエイトを使ったアウターマッスルのトレーニングでは、
 
例えばスタンディング・ダンベルプレスの場合、
 
肩関節を固定し安定させるローテイターカフのインナーマッスルを使いながら、
 
アウターマッスルの三角筋を太く大きく強くすることができます。
 
なぜかと言えば、肩関節を固定し安定させることなしに、高重量の負荷を上げることは不可能だからです。
 
現場での問題は、更にこの先にあります。
 
それは体幹やインナーマッスルのトレーニングに「過剰の時間をかけて行っている」ということです。
 
これは、勘違いの延長線上にあるもので、深刻な問題を抱えることになります。
 
2時間ほどたっぷりと時間をかけてこれらのトレーニングを行ない、
 
その後に筋トレを行っても疲労だけでなく、
 
追い打ちをかけるように集中力も低下し、
 
思ったほどの効果を上げることができないということにもなります。
 
更に、アウターマッスルが不足した状態で、
 
体幹やインナーの使い方が巧みになるとどうなるか?
 
例えば、野球のピッチャーでは筋肉量不足で、エンジンとして基本性能が低いにも関わらずフルスピードを出すことになります。
 
当然行き着く先は「ケガや故障」ということになります。
 
アウターマッスルが50馬力のエンジンとしての性能しかないのに、100馬力の出し方をすれば壊れるのは当然です。
 
 
本質的な話しをします。
 
筋肉には以下のように、4つの役割があります。
 
①体を動かす
②体を守る
③熱を出す
④血の巡りを助ける
 
これらの中で、②でいう「体を守る」というのは、転倒した時に内臓を守って衝撃を吸収する役割の他に、骨や関節、靭帯など守るというのがあります。
 
500g~2㎏のダンベルを使うような筋肉であるインナーマッスルで守る?
 
アウターマッスルで守るしか方法がありません。
 
至極シンプルです。
 
体幹やインナーマッスル・トレーニングの勘違いを克服する
トレーニング科学を根拠として、
 
中途半端ではなく、
真の知識を身に付けましょう。
 
そのためには、アスリートの皆様、
 
真剣になって、
必死になって、
命がけになって、
 
筋トレを行ってみてはいかがでしょうか?
 
筋トレにはそれに見合う、
いやそれ以上の価値があります。
 
筋トレは、私たちの生活を、人生を、より豊かにするために、無くてはならないものですから。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』(ブックハウスHD)石井直方著
『筋肉をつける、使う。ケアする』(ベースボールマガジン社)谷本道哉著
『使える筋肉・使えない筋肉』(ベースボールマガジン社)谷本道哉著
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

100 / 210« 先頭...100101...200...最後 »
  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)
gym

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan