筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

シンプルに考えることの大切さ

1600.ダブルバイセプスソフトバンクホークスの春季キャンプも残すところあと5日となりました。
 
1軍で活躍されて選手の中に体を絞って、減量されている人がおられます。
 
昨年の秋から今までに5㎏ほど体重を落とすことができました。
 
キャンプに入ってからも高重量でのトレーニングを行い、
筋肉量を増やしながら、更に脂肪を落とし続けています。
 
その結果としてキレのある動きを手に入れているようです。
 
今までにないくらいの良いコンディションだそうです。
 
おそらく、筋肉を太く、より強くすることで、
基礎代謝を引き上げたように思われます。
 
しっかりとした食事を摂りながらの減量ですので、
 
脂肪を落としながらも、
スクワットやベンチプレスなどの筋トレ種目の記録が伸び続けています。
 
最近特に、極限に近い筋トレを行いながらも、
心から楽しまれているようにお見受けしています。
 
おそらくこの選手のような人は減量が難しいとか、
筋肉を増やし筋力を引き上げることが難しいといったような考えがなく、
 
ただ単純に、楽しみながら行っているように思われます。
 
脂肪を落としてひきしめることができない人は、
おそらく難しく考え過ぎていることが、
 
効果を出すことに大きくブレーキをかけているかも知れません。
 
そのような人のほとんどが
「脂肪を落とすことは難しいです」というようなことを言われます。
 
私は若い頃に、体重を50㎏から100㎏にしたことがあります。
 
またボディビル大会に出場するために20㎏に近い減量をしたこともあります。
 
振り返ってみると、
このような増量や減量が難しいと思い悩んで、
 
立ち止まってしまったような記憶がほとんどありません。
 
(苦しいとかキツイとかという思いはありましたが・・・・。)
 
従って、
アドバイスをする時にも、口に出して言うことはありませんが、
 
地道な努力を行えば、
誰でも驚くような結果につなげることができるという思いがあります。
 
適切な筋トレを行い、
適切な食事をして、
筋肉を元気に保つ休養を取り入れることで、
 
目的は叶えることができるというシンプルな考え方の必要性を感じます。
 
そのことが説得力にもつながっているように思われます。
 
ボディビル大会やパワーレフティング大会で活躍している人は、
 
極限の中で、
筋肉を増やすことや筋力を上げること、減量が限界に近づきながらも、
 
更なる努力を続けて行くことができます。
 
そのエネルギーはどこから出ているのかということになると、
 
それはシンプル(簡単)を信じることではないかと思われます。
 
なかなか目的を叶えられない人は、
難しいという言葉をよく口に出して言われるように感じます。
 
頭の中ではたぶん大きな障害となって、成功を妨げているように思います。
 
減量は難しい、
筋肉を増やすことは難しい、
筋力を上げることは難しい、
 
というような考えを一度止めてみて、
 
減量は簡単、
筋肉を付けることは簡単、
筋力アップは簡単、
 
ということからスタートしてみることをお勧めします。
 
そうすることで楽しさを見出すことができれば、
きつくて苦しいトレーニングも簡単に楽しめるように思います。
 
そしてまだ見ぬ未来の楽しみが見えるようになると思います。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

安全に効果的に行うフォーム

1599.S__9576452昨日、
ソフトバンクホークスの若手選手に、ホテルでの筋トレの指導を行いました。
 
一人の新人選手に、
ダンベルプレスでの足幅についてアドバイスを行いました。
 
その選手の足幅は安全を重視して広めにとっていました。
 
それを肩幅程度にしてもらい、余裕を持たせるようにしました。
 
そして、
足裏から脚、
それに体幹を通って肩から腕、ダンベルまでの力の流れを、
 
よりスムーズにする方法を説明させていただきました。
 
そのようにして行ってみると、今までよりも明らかに、
ダンベルを軽く上げることができ、アッという声が自然に出てきました。
 
私が「どうでしたか?」と言うと、
 
「軽く上がりました!」というとても驚いた返事をされました。
 
フォームを観る時には、
まず安全に行われているかどうかを確認するようにします。
 
その先には効果を上げるという最重要な課題があります。
 
上記の例は、
安全と効果という矛盾(コンフリクト)が融合した一例になります。
 
このようなことは、各種目において、
足幅だけではなく手幅にも同じようなことがいえます。
 
手幅や足幅以外にも、
各種目の目的となる筋肉や関節の使い方も同様です。
 
上記の場合には、体全体を観た時に、
足幅に関して不自然で違和感がありました。
 
安全面に関しては問題ありませんでしたが、
効果面に関しては改善することが必要に思われました。
 
昨日は、その他の選手にも、
ベンチプレス、
ダンベルベントオーバーロウ、
バーベルカール、
ラットマシンプルダウンなどで、
 
安全面と効果面でのアドバイスを行い、改善することができました。
 
私は
「最短で最高の効果を上げる」
 
という最重要課題を持って現場の指導に当たっています。
 
それは、
「安全第一・効果第二」というコンセプトにさせられたものです。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

未来に備える筋トレ

1598.1130.2016.10月、クラブハウスにてソフトバンクホークスの春季キャンプも終盤に入ってきました。
 
順調に仕上がっている選手がほとんどですが、
 
中には試合や練習中に、
ケガや故障といった傷害になられた選手もいらっしゃいます。
 
私は「安全第一・効果第二」ということで、
 
安全を最優先して傷害にならないように筋トレの指導を行っています。
 
しかしながら、
事故のように自分ではどうしようもないケースで傷害になる場合があります。
 
そのようなことを頭に入れて、改めて筋トレの効果を考えると、
 
①傷害の予防
②競技力の向上
③回復の促進
 
スポーツ選手の場合には、
これらの3つのために筋トレを行うことが重要になってくると思います。
 
ホークスの春季キャンプの現場では、人生を賭けた取り組みがなされています。
 
そのような時に、
ケガをしてしまうと体だけではなく、
 
心も病んでしまうような精神的なダメージを受けることになります。
 
できれば筋トレを開始する時から、
上記の3つをしっかりと理解しておいて、
 
筋トレにも取り組むことが必要に思います。
 
筋トレで作り上げた筋肉は、
傷害を予防し、競技力を向上し、傷害からの早期回復を促すことができます。
 
それはつまり、
より楽しい、楽しみな人生を送るために、
 
未来に備えることにもなると思います。
 
「アリとキリギリス」の物語のアリの心と行動で、
 
未来に備えるための筋トレを行いましょう。
 
 
納得のボディメイクをあなたに・・・・。
 
タトラボではパーソナル指導、
講習会(少人数制)を行なっています。
 
是非、
皆様のご利用をお待ちしています。
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2018 (53)
    • 2017 (48)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (35)
gym

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan