筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

トレーニング内容(マルヤジム編)

1988(昭和63)年、3月1日、長崎市、江戸町にて、マルヤジムを創業しました。
 
東京のサンプレイで行っていた、高重量・高回数で、最高の効果を上げるという最重要課題は引き続き行うようにしました。
 
1991年、日本クラス別ミドル級優勝をきっかけに、
1992年、インドネシア(ジョグジャカルタ)において、アジアボディビル選手権ミドル級優勝
1993年、オランダ(ハーグ)において、ワールドゲームス世界大会ミドル級第6位(当時:日本人初)
 
私の最盛期でした。
 
この頃から、自分のトレーニングとは別に、
 
“最短・最高の効果を上げる”
 
というマルヤジムにとっての、
最重要課題に、取り組むようになってきました。
 
キッカケは、バドミントンの、大束忠司選手との出会いです。
 
<大束選手の主な戦績>
アテネオリンピック日本代表
USAオープンダブルス優勝
北京オリンピックダブルス5位
 
大束選手が、
中学生時マルヤジムで行っていたトレーニング種目とプログラムは、以下の通りです。
 
1、(胸)ベンチプレス
2、(胸)ペックデックフライ
3、(背)ラットマシンプルダウン
4、(背)フロアープーリー
5、(肩)スタンディングダンベルプレス
6、(腕)ダンベルカール
7、(脚)バーベルスクワット
8、(腹)シットアップ
9、(腹)レッグレイズ
10、(下背)バックエクステンション
 
処方としては、
頻度:週2回(月・木)、
強度:正確に10回ギリギリ(最終セットに限り)、
時間:30分 1~3セット 各10レップス
 
これが、マルヤジムの初級コースにおける基本プログラムです。
 
その後、高校生・一般用に2分割法の中級コースを作りました。
 
中級コース
<A>コース…胸・背中・腕・腹
   1、ベンチプレス
   2、ペックデックフライ
   3、プッシュダウン
   4、ラットマシンプルダウン
   5、フロアープーリー
   6、バーベルカール
   7、シットアップ
   8、バックエクステンション
 
<B>コース…肩・脚・腹
   1、バックプレス
   2、サイドレイズ
   3、アップライトロウ
   4、スクワット
   5、レッグプレス
   6、レッグカール
   7、レッグエクステンション
   8、カーフレイズ
   9、レッグレイズ
 
中級コースおける処方
頻度:週2~3回
強度:最終セット10回ギリギリ
時間:30~40分 1~3セット 各10レップス
 
このようなトレーニング法になった理由は、スポーツ選手や一般の方のライフスタイルによります。
 
部活動やお仕事に、対応することが重要になりました。
 
大束選手やマルヤジムに来られる方々の分析・意見を参考にしながら
“最短・最高の効果を上げる”最重要課題がはっきりと見えるようになってきました。
 
この頃、石井先生は高齢者のトレーニングの研究をされ、
ご自身も多忙になられ、ある講演会でお会いした時に、
「30分のトレーニングでも、効果を上げることができる」とお話をされました。
 
時間のコントロールは、
時代のニーズになっていることを、確認することができました。
 
30分で、効果を上げるためには、どうすれば良いか?
 
その答えは、
1、基本種目の選択
2、各種目のフォームにこだわる
3、少ないセット数
などが出てきました。
 
幸い基本種目としては以前のものを採用できました。
セット数も、決めさえすればすぐにできます。
 
 
特にこだわったのは、
1、安全に行えること
2、最高の効果を上げること
この2つを同時に叶える“フォーム”です。
 
 
そのような時に、ビッグチャンスが飛び込んできました。
 
競輪の井上昌己選手(アテネ・銀メダル)、
野球の杉内俊哉選手(読売ジャイアンツ)、
彼らの指導をさせていただくことになりました。
 
 
この時(2000年前後)には、成功する自信がはっきりと、確信に変わっていました。
 
というのも、大束選手が素晴らしい結果を出し続けていました。
 
 
また、1996(平成8)年、9月25日、
三菱重工長崎硬式野球部の小島啓民(現社会人野球全日本)監督より、筋トレ指導の依頼がありました。
 
翌1997年から、都市対抗野球全国大会出場、日本選手権出場での大活躍へとつながっていきました。
 
3年後、準備万端整った三菱重工長崎硬式野球部に、
鹿児島実業高校から杉内俊哉選手が、入部してくることになりました。
 
 
このようにトップアスリートを指導する真剣勝負の中で、
マルヤジムの筋力トレーニングが進化し続けていきました。
 
お世話になった選手の皆さんには心から感謝しております。

トレーニング内容(サンプレイ編)

私は1987年12月26日、東京を後にして、出身地の長崎へ帰りました。
 
東京は1974年から、13年間過ごしたことになります。
 
その間、現在、私が行っている筋トレの基盤が出来上りました。
種目においてはシンプルなものとなりました。
 
大筋群に関しては、
1、スクワット…脚
2、ベンチプレス…胸
3、ベントロウ…背中
 
小筋群に対しては、
4、バックプレス…肩
5、バーベルカール…腕
6、シットアップ…腹筋
これらの種目がメインです。
 
 
各部位のおける種目と順番は、
 
①脚
1、スクワット
2、レッグプレス
3、レッグカール
4、レッグエクステンション
5、カーフレイズ
 
②胸
1、ベンチプレス
2、ダンベルプレス
3、インクラインプレス
4、フライ
5、ディップス
6、プルオーバー
 
③背中
1、デッドリフト
2、ベントロウ
3、ラットマシンプルダウン
4、フロアープーリー
5、ワンハンドロウ
6、シーテッドロウ
 
④肩
1、バックプレス
2、ダンベルプレス
3、サイドレイズ
4、リアレイズ
5、アップライトロウ
6、ショルダーシュラッグ
 
⑤腕
 三頭筋
1、ナロウベンチ
2、フレンチプレスライイング
3、プッシュダウン
 二頭筋
1、バーベルカール
2、ダンベルカール
3、プーリチャーカール
 
⑥腹筋および下背
1、シットアップ
2、レッグレイズ
3、バックエクステンション
このような内容になっていました。
 
トレーニングプログラムは、
Aコース…胸と三頭筋(月・木)
Bコース…背中と二頭筋(火・金)
Cコース…脚と肩(水・土)
の3つに分けられ、腹筋と下背は毎日行いました。
 
石井先生のアドバイスにより、毎日でも大丈夫である、ということでした。
 
事実、1日、500~1000回、シットアップを行っても、腰痛になることはありませんでした。
但し、お尻の皮がむけて、血が出てくることが多々ありました。
 
トレーニング処方は、
1、頻度…毎日(日曜日を除く)
2、強度…5~10セット、10~30レップス
3、時間…2~3時間
サンプレイで確立されました。
 
当時の最重要課題は“高重量・高回数で、最高の効果を上げる“ということで徹底されていました。
 
例えば、私は、肩の運動である、バックプレスで、140㎏/10回まで、行うことができるようになりました。
 
100㎏/10回、
ウオーミングアップ、1セット
120㎏/10回、1セット
140㎏のリハーサル
140/10回、全力で、本番、5セット。
 
スクワットをするのと、同じように、パワーラックの中で、バーを担ぎます。
 
140㎏のバーベルを担ぎ、大きく息を吸って止め、
ラックアップして、左足から下がり、3~4歩で、セットアップします。
 
止まったままで、息を吐き、もう一度吸い直して、心を静めます。
 
目線をカガミに合わせて、全身、自分の姿を点検した後、
やや斜め上ぐらいを向いて、遠くを見るように、ボーとした状態になります。
それは、半眼の仏像のような、表情のように思います。
 
今思えば、左脳から右脳へ脳のスイッチの切り替えを、行っていたことになります。
 
頭の中で、できるという自分のイメージをできるだけ鮮明に描きます。
 
本当に、できるのか?
 
という迷いが消えるまで、ホンの数秒の間、
イメージが出来上り、バーを肩から離す瞬間に全神経を集中させます。
 
後は押し上げる!
 
全力で頭上に押し上げた時に、
まだ、経験の浅い、周りのメンバーの方に、笑われたことがあります。
 
「スクワットをやると思いました!」信じられない、ということでした。
 
私は、「そうですか?」「何とか、できるようになりました」そう答えていたように思います。
 
このようなことを、どの種目でも行っていました。
 
 
もう一つ徹底されていることがありました。
 
“効かせる”
 
ということで、使っている筋肉がパンパンになるまで、徹底的に行っていました。
 
宮畑会長が、石井先生とご一緒に、
スタンディング・ダンベルプレス、45㎏/100回、行っていた直後、
 
「高西君、手の指の一本一本、脚の指の一本一本、頭の筋肉一つ一つ、
全身の筋肉がパンパン!!!効くのが解るね~」
 
と喘ぎながら、眼が笑い、お話しをされたことを、覚えています。
 
改めて、宮畑会長と石井先生の体を、拝観すると、
信じられないくらい、ハチ切れるほどに、全身がパンパンになっていました。
 
全身の筋肉は400種類を超えています。
それらの一つ一つに、魂を込めて、刺激を伝えた結果だと思います。
 
全身60兆個の細胞遺伝子一つ一つに、
ミオスタチンという、筋肉の発達を抑えている物質に、
心を込めて、話しかけているかのようでした。
 
 
石井先生は、トレーニング終了後、
 
「口をきくのも、しんどくなるね~」
ニコニコ笑いながら、話されたことを、記憶しています。
 
 
このような経験を通して、打ち込み、やり込み、追い込んで、
徹底的に、技術を磨き、自信を持って、長崎に帰ることになりました。
 
 
技術を覚えることに、近道はありません。
 
 
本当に覚えるならば、魂を込めた、神様にすがるような、努力が必要です。
 
 
これは、時代を超えた当たり前で、不変のことです。

筋トレの“心技体”

筋トレ技術には2つがあります。経験的なものと科学的なものです。これは非常に重要なことです。
 
科学では、10回ギリギリできる重量で行えば“最大の筋肉増量”が証明されています。
 
しかし、それ以上の回数では、それほどの発達はできず、“筋持久力アップ”になります。
 
これが科学の標準です。
 
100回ギリギリではあまりにも的外れなやり方です。
 
 
しかしながら、その方法で、石井先生は、圧倒的な強さで、日本・アジアを制しました。
 
ではなぜ、最高峰の科学者が、このようなことを行ったのか?
 
それは、すばらしい実績を残してきた師匠が行ってきたことには“必ず意味がある”ということでした。
 
筋肉増強メカニズムは、
 
1、重いものを使うこと
2、微細な損傷を生じさせること
3、乳酸等の代謝物の蓄積
4、低酸素状態での活性酸素種の発生
 
などの刺激が、
 
1、筋タンパク合成
2、筋幹細胞の筋サテライト細胞の増殖
 
を促すことによって起きることが解っています。
 
 
筋トレにはいろいろな方法があります。
 
その中の一つとして、高重量・高回数のトレーニングで世界に通用する最高の体を身に付けた、石井先生と宮畑会長のやり方には、しっかりとした科学があったということです。
 
科学の定義は、
1、客観的であること
2、再現性があること
になります。
 
万人に解り、万人がやっても同じ結果が出るということです。
 
 
ところで、まだ私にとって一番重要な課題が残っています。
 
 
それは筋力トレーニングのフィロソフィー、筋トレ哲学です。
 
 
石井先生は、ある取材の中で、
「あなたにとっての筋力トレーニングとは?」に対して、
 
「人生そのものです」とお答えになりました。
 
 
「筋トレを行って一番良かったことは?」に対して、
 
「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」
 
「人に対して、寛容になれました」
 
「自分の中にある優しい心を素直に出せるようになりました」
 
そのようなことを話されました。
 
 
私の頭には、能あるタカは爪を隠すそのようなことが浮かびました。
 
どんなに強く頑強な肉体を手に入れても、
決しておごることなく、謙虚であることの大切さを学びました。
 
ある時、宮畑会長は、心のコントロールができず、悲壮感を漂わせる私に堪りかね、
手紙をくださいました。
 
アパートに帰り、開封して中身を取り出しました。そこにはこのように書かれてありました。
 
 
「高西君には、筋トレの“技術”と“体”は備わっています。しかし、“心”が足りない」
 
そのことを、渾身の思いを込めて、長文の素晴らしい楷書で、切切とつづられてありました。
 
私は、その場で泣き崩れてしまいました。
 
「自分は何のために筋トレをやっているのか?」
 
心が音を立てて崩れてしまいました。
 
 
そのショックで、数日間抜け殻のようになり、街を徘徊し、トレーニングをやる気持ちが
無くなりました。
 
 
当時の私は、「試合に勝つため」がすべてで、それだけに集中していました。
 
 
うつろな気持ちで、繰り返し、手紙を拝読しているうちに、やっと私なりの答えを出すことができました。
 
筋トレの目的は、人間として学び、成長すること
 
試合に勝つことは、自分が磨かれている証として受け入れる
 
試合に勝つことは、人生の目的ではなく、幸せな人生を送るための手段とする
 
 
ミスター東京のタイトルを取るのに、長い年月がかかりました。
 
2~5位ぐらいに低迷している時に、限界を感じていた私は石井先生に、
 
「私は、本当はボディビルの素質が無く、これが限界だと思います」
 
と弱音を言いました。
 
「高西、そうではないんだよ・・・・・」
 
石井先生が答えられました。え?それってどういうこと?
 
 
自問・自答を繰り返し、やっとの思いで、結論にたどりつきました。
 
 
素質はどうしようもない。試合に出れば勝つことと負けることがある。
 
どのような結果になっても、そこから学び、人として成長する
 
 
何とか、気持ちが楽になった私は、
自分なりの筋トレ哲学を持つことができ、念願のミスター東京のタイトルを手に入れることができました。
 
もうすでに、30歳になろうとしていました。
 
ただし、この時はまだ、筋トレの“心技体”を完成させるには、
長い道のりがあることに、気がついていなかったのです。

200 / 210« 先頭...100...200201...最後 »
  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)
gym

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan