筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

『競技力向上』物語②

1518.S__10731537私の筋トレの指導を支えていただいている、
東京大学大学院の石井直方教授の生理学に基づく、
 
筋トレの基本理論によって以下のような物語を作ることができます。
 
体を車に例えると、
筋肉はエンジンに当たります。
 
筋肉づくりの筋トレは、
「筋肉のエンジンとしての基本性能を引き上げる」
 
という大切な目的があります。
 
筋肉のエンジンとしての基本性はパワーとしての馬力です。
 
筋トレを行って筋肉を太く大きく、そして強くするのは、
 
エンジンを改造して馬力を上げることです。
 
例えば、
100馬力のエンジンを150馬力にすることできれば成功です。
 
これで筋トレの目的を叶えたことになるのですが、
 
スポーツの現場では厄介な問題を抱えることがあります。
 
筋肉のエンジンとして基本性能を引き上げ、
 
ベンチプレスやスクワットなどの記録を伸ばし、
 
筋肥大筋力増強を叶えたにも拘らず、
 
スポーツでの動きが良くならず、
パフォーマンスの向上につながらない場合があります。
 
追い打ちをかけるように、
場合によっては動きが悪くなってしまい、
 
かえって
パフォーマンスが低下してしまうケースもあります。
 
私はこのような経験をしたスポーツ選手が、
筋トレを止めてしまうケースを多々見てきました。
 
残念でなりませんでしたが、今でも、
 
真剣に訴える選手を前にしてどうすることもできない場合があります。
 
そこで気づいたことは、
そのようなことが起きる前に、
 
生理学に基づいた
筋トレの基本理論をしっかりと勉強し、
 
理解してもらえるようにすることです。
 
「筋肉はエンジン」という理論の中には、
これを明確に説明する意味が込められています。
 
人体と車を比較すると、
 
1、筋肉=エンジン
2、呼吸循環・代謝系=燃料系・気化器
3、腱・骨・関節=駆動力伝達系
4、脳・神経系=ドライバー(制御系)
 
このように大まかに4つに分けることができます。
 
ここで気づくことがあります。
 
筋トレは
筋肉のエンジンとしての基本性を向上することはできます。
 
しかし、
それ以外の2~4はできないということです。
 
この知識は非常に重要です。
 
筋肉を付けて体は大きくなったのに、
動きが変わらないのは、
 
普通の乗用車に、
レーシングカーのエンジンを取り付けたのと同じです。
 
エンジンそのものは時速300㎞で走る能力がありながら、
 
他の部品がその馬力に耐え、使いこなせることができません。
 
せいぜい
普通のスピードで走ることで精一杯です。
 
時速300㎞のスピードを出そうとアクセルを踏み続けると、
車自体が壊れてしまいます。
 
そうならないようにするためには、
時速300㎞の大きくて重いエンジンの性能に見合う、
 
燃料系・気化器、駆動力伝達系の改良もまた必要になります。
 
そして、車を運転するドライバーもレーサーに変える必要があります。
 
燃料系・気化器に当たる呼吸循環・代謝系の改良には、
 
心肺機能を引き上げる走り込みが必要です。
 
また栄養をしっかりと摂って
消化や代謝を良くすることも必要になります。
 
駆動力伝達系に当たる腱・骨・関節については、
それらを強化することも大切なのですが、
 
上手く使うための柔軟性が求められます。
 
これらにできるだけ負担をかけないような工夫です。
 
そのためには柔軟運動としてのストレッチが必要になります。
 
そして、
車を運転するドライバーをレーサーにするのと同じく、
 
脳・神経系を改良するためには、
 
コンディショニングとしての
いろいろな動きづくりのための補強運動が必要になります。
 
それらの補強運動には、
体幹やインナーマッスルのトレーニング、
SAQ(スピード・アジリティ・クイックネス)トレーニング、
コーディネーショントレーニング、
 
などなどいろいろなものがあります。
 
そして最も重要な
その専門競技の技術練習があります。
 
これら4つの一つ一つがバランス良く、上手く組み立てられて初めて、
 
スポーツパフォーマンスの向上につなげることができます。
 
「筋肉はエンジン」という本質的な意味の理解は、
 
スポーツに関わる全ての人が
共通して持つべき筋トレの基本理論であるといえます。
 
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

筋トレの限界

現在、宮崎でのソフトバンクホークスの春季キャンプに参加しています。
 
昨日、プロ野球のピッチャーやコーチとして活躍されていた方とお話しをさせていただきました。
 
投げるボールの質やいろんなフォームのお話しをお伺いしていると、
 
技術の修得には筋トレが関わっていないことに気づきました。
 
これが筋トレの限界のように思われます。
 
その背景には、筋トレをすることなくプロになられて、
 
その後の活躍が評価され、引退後にプロの指導者となられたことが挙げられます。
 
つまり、その方の野球人生の中に筋トレがなくても活躍できるという実績と確信があります。
 
競技で勝つために何をすれば良いのか?
 
その一つの答えが出ています。
 
日本のスポーツ界にはこのようなスポーツ指導者の方々が大勢いらっしゃるようです。
 
大変素晴らしいことだと思います。
 
それでも、筋トレの指導者としての私の立場では、
科学的に正しい筋トレを取り入れていただき、
 
更に限りない可能性に挑戦していただきたいという強い気持ちがあります。
 
筋トレを日本に根付かせるにはどうすれば良いか?
 
この答えは、一つに絞るようなことではなく、限りないアプローチがあるように思えます。
 
実はこの壁を乗り越えるプロセスこそが、筋トレの究極の楽しさではないかと思えてきました。
 
 
「経験による技術を基準としている考え方」と
「経験による技術プラス筋トレを基準としている考え方」は全く別ものです。
 
これは、前者が文系であり、後者が理系のような感じにも思えます。
 
文系の視点では、
文学作品に接すると例えば、
空気には色があり匂いがあるといったことになります。
 
ところが理系の視点で言えば、
空気は目に見えないものであり、匂うようなものではありません。
 
このような視点は融合し合うものではなく、相反するものとなります。
 
ところが私たちの脳はこれらを理解し、
彩りを添えて心をより豊かにしてくれる力を持っています。
 
上記のような技術指導者の方々に、筋トレを理解していただくには、
 
土台としての科学的な根拠に基づく理系の視点を持ちながら、
それを文系の視点で表現できる心の豊かさが必要に思えます。
 
これは私が出した一つの答えとなりますが、
他にもいろんな方法があるかもしれません。
 
昨日のお話しをお伺いした方は、ご自身の理論を説明されるために
全身を使って表現されていました。
 
野球の素晴らしさを実感しました。
 
人は心の豊かさを求めて生きていると思います。
 
「筋トレは人生を豊かにするために無くてはならないもの」と確信しています。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
□—————————-□

体脂肪を燃やしてひきしめるコツ

世の中には、脂肪を燃やしてひきしめたいと思っている人が限りなく多くいらっしゃるようです。
 
しかし、それは難しくまた苦痛を伴うように感じているようにも思います。
 
ボディビルダーの方々も大変な苦労をしながら、苦痛を乗り越えて大会に望んでいるように思います。
 
ところがコツをつかんでしまうとそれは意外と簡単なことに気づきます。
 
以前東京大学の石井直方教授とお話しをさせていただいている時に、
 
「高西、世の中に自分の体重をコントロールできない人が多いのは不思議だよね」
 
というようなことをお話しされたことがあります。
 
私も全く同感で、60歳を過ぎた今でも、自分の体重は自分の意志である程度調整しています。
 
それは苦痛を伴うものではなく、どちらかというと自然に近い状態でのコントロールです。
 
脂肪を燃やすための3つのコツをそれぞれ分散して行っていることによります。
 
脂肪を燃やすための3つのコツは、以下の通りです。
 
①筋肉を付ける
②活動的な生活をする
③正しい食事
 
これらをコントロールすることで、割と楽に脂肪を燃やすことができます。
 
①のついては、
脂肪を燃やしやすくて付きにくい、カロリー消費の高い体を作るということです。
 
それには極め付けとしての筋トレを行うことです。
 
脂肪のほとんどは筋肉で燃やしています。
 
③については、
無理な食事制限をして
筋肉を減らし脂肪が付きやすくて、燃えにくい
 
カロリー消費の悪い体を持っている人がいるように思います。
 
もちろん食べ過ぎている人が多いことも事実だと思います。
 
食事のコツは、栄養のバランスを取った上で、
筋肉をつくるたんぱく質をしっかりと摂ることにあります。
 
 
②については、
誤解している人がいるかもしれません。
 
ボディビルダーが苦しいトレーニングに耐えながら脂肪を落としているのは、
 
筋肉を太くしながら、できる限り落とさないようにするためです。
 
それを見て、
脂肪を燃やすことはきつくて苦しく、
 
大変難しいもののように思われているかもしれません。
 
ボディビルダーもそのように思っている方が多いように思います。
 
 
実は有酸素運動で脂肪を燃やすことは簡単なことです。
 
そのコツは、
ウォー キングかジ軽いョギングを行うことです。
 
それには、『心拍数』が関わってきます。
 
石井先生は、有酸素運動で脂肪を燃やす最適な心拍数を、
 
“110~120”としています。
 
私の経験では、
90~110辺りが快適で且つ体から熱が出て、
 
良く脂肪が燃えるように思いました。
 
この範囲で行っていると、脂肪が燃えるだけでなく、
 
ベンチプレスやスクワットの記録がそれほど落ちることはありませんでした。
 
私の体重はオフシーズン90㎏以上あり、
シーズンにはそれを絞って80㎏以下(ミドル)級で大会に出ていました。
 
ウォーキングか軽いジョギングで、
脂肪を効果的に燃やすコツをつかんでからは、
 
このように10㎏以上の減量をしているにも関わらず、
 
筋トレで力があまり落ちなくなりました。
 
それはつまり、筋肉を落とすことなく、脂肪を落とすことに成功したということです。
 
ランニングとウォーキングを比較すると、
 
確かに、消費するエネルギーはランニングの方が大きくなります。
 
しかしながら、
トレーニング科学で証明されているように、
 
脂肪燃焼効果は明らかにウォーキングの方が大きくなります。
 
心肺機能の向上ということから言えば、ランニングを行った方が良いのですが、
 
体力をあまり使うことなく、効果的に脂肪を燃やすには
ウォーキングや軽いジャギングの方が良いということです。
 
もし、ランニングや心拍数が120を超えるようなジョギングをやり過ぎると
体力まで無くなってきます。
 
そして、ベンチプレスやスクワットなどの筋トレを行って、
記録が落ちてくる結果になります。
 
それはつまり、
エネルギーを生み出すために、
 
自分の筋肉を溶かして、
削ぎ落して、
 
エネルギーに変えている証拠とも言えます。
 
アスリートやボディビルダーはこのことをしっかりと理解し、
やり過ぎには十分な注意が必要です。
 
やり過ぎかどうか確かめるには、
ベンチプレスやスクワットをやってみると簡単に解ります。
 
筋トレで力が落ちてきたら要注意です!
 
私はウォーキングや軽いジョギングを取り入れるようになって、
 
脂肪を燃やすコツを磨いていくことで、
 
1992年のアジア大会で、38歳の時に優勝することができました。
 
②の活動的な生活は、
 
筋トレで体力が付いてくればより簡単に、より自然に行うことができます。
 
ダイエットにはコツがあります。
 
<参考文献>
『一生太らない体のつくり方&スロトレ』P24
(エクスナレッジムック)
東京大学教授 石井直方著
 
『レジスタンス・トレーニング』P41~42
(ブックハウスHD)
東京大学教授 石井直方著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
□—————————-□

1 / 1012...最後 »
  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2019 (1)
    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)
gym

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan