筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

『競技力向上』物語②

1518.S__10731537私の筋トレの指導を支えていただいている、
東京大学大学院の石井直方教授の生理学に基づく、
 
筋トレの基本理論によって以下のような物語を作ることができます。
 
体を車に例えると、
筋肉はエンジンに当たります。
 
筋肉づくりの筋トレは、
「筋肉のエンジンとしての基本性能を引き上げる」
 
という大切な目的があります。
 
筋肉のエンジンとしての基本性はパワーとしての馬力です。
 
筋トレを行って筋肉を太く大きく、そして強くするのは、
 
エンジンを改造して馬力を上げることです。
 
例えば、
100馬力のエンジンを150馬力にすることできれば成功です。
 
これで筋トレの目的を叶えたことになるのですが、
 
スポーツの現場では厄介な問題を抱えることがあります。
 
筋肉のエンジンとして基本性能を引き上げ、
 
ベンチプレスやスクワットなどの記録を伸ばし、
 
筋肥大筋力増強を叶えたにも拘らず、
 
スポーツでの動きが良くならず、
パフォーマンスの向上につながらない場合があります。
 
追い打ちをかけるように、
場合によっては動きが悪くなってしまい、
 
かえって
パフォーマンスが低下してしまうケースもあります。
 
私はこのような経験をしたスポーツ選手が、
筋トレを止めてしまうケースを多々見てきました。
 
残念でなりませんでしたが、今でも、
 
真剣に訴える選手を前にしてどうすることもできない場合があります。
 
そこで気づいたことは、
そのようなことが起きる前に、
 
生理学に基づいた
筋トレの基本理論をしっかりと勉強し、
 
理解してもらえるようにすることです。
 
「筋肉はエンジン」という理論の中には、
これを明確に説明する意味が込められています。
 
人体と車を比較すると、
 
1、筋肉=エンジン
2、呼吸循環・代謝系=燃料系・気化器
3、腱・骨・関節=駆動力伝達系
4、脳・神経系=ドライバー(制御系)
 
このように大まかに4つに分けることができます。
 
ここで気づくことがあります。
 
筋トレは
筋肉のエンジンとしての基本性を向上することはできます。
 
しかし、
それ以外の2~4はできないということです。
 
この知識は非常に重要です。
 
筋肉を付けて体は大きくなったのに、
動きが変わらないのは、
 
普通の乗用車に、
レーシングカーのエンジンを取り付けたのと同じです。
 
エンジンそのものは時速300㎞で走る能力がありながら、
 
他の部品がその馬力に耐え、使いこなせることができません。
 
せいぜい
普通のスピードで走ることで精一杯です。
 
時速300㎞のスピードを出そうとアクセルを踏み続けると、
車自体が壊れてしまいます。
 
そうならないようにするためには、
時速300㎞の大きくて重いエンジンの性能に見合う、
 
燃料系・気化器、駆動力伝達系の改良もまた必要になります。
 
そして、車を運転するドライバーもレーサーに変える必要があります。
 
燃料系・気化器に当たる呼吸循環・代謝系の改良には、
 
心肺機能を引き上げる走り込みが必要です。
 
また栄養をしっかりと摂って
消化や代謝を良くすることも必要になります。
 
駆動力伝達系に当たる腱・骨・関節については、
それらを強化することも大切なのですが、
 
上手く使うための柔軟性が求められます。
 
これらにできるだけ負担をかけないような工夫です。
 
そのためには柔軟運動としてのストレッチが必要になります。
 
そして、
車を運転するドライバーをレーサーにするのと同じく、
 
脳・神経系を改良するためには、
 
コンディショニングとしての
いろいろな動きづくりのための補強運動が必要になります。
 
それらの補強運動には、
体幹やインナーマッスルのトレーニング、
SAQ(スピード・アジリティ・クイックネス)トレーニング、
コーディネーショントレーニング、
 
などなどいろいろなものがあります。
 
そして最も重要な
その専門競技の技術練習があります。
 
これら4つの一つ一つがバランス良く、上手く組み立てられて初めて、
 
スポーツパフォーマンスの向上につなげることができます。
 
「筋肉はエンジン」という本質的な意味の理解は、
 
スポーツに関わる全ての人が
共通して持つべき筋トレの基本理論であるといえます。
 
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

これからのこと

3月に入り、これからの私の仕事との兼ね合いを考えて、
マルヤジムのWebサイト
http://www.maruyagym.com/
 
での私のブログの投稿を控えたいと思います。
 
今までの私のブログの内容は、私のフェイスブックの投稿と同じものです。
 
今後は、高西文利のフェイスブックでご覧いただけましたら幸いです。
 
私のWebサイト
http://www.takanishi-fumitoshi.com 
での投稿(毎日更新)は筋トレの理論の解説を引き続き進めて行きます。
 
また、フェイスブックの高西文利のページ
http://goo.gl/olSRgh 
での投稿(毎日更新)は、以前私のWebサイトに投稿したものになります。
 
今後も、筋トレの情報を
①トレーニング理論の説明
②現場での出来事を交えて考えたこと
 
これらの2つでお伝えしていきたいと思います。
 
3月以降の仕事の予定としては、
 
1、ソフトバンクホークスの指導・資料づくり・キャンプレポート作成(12万字程度)
2、パーソナルジム『WASH FIT』のサポート
3、三菱重工硬式野球部の指導
4、東京での第13回神楽坂スポーツ医学セミナーの講師(3月13日、飯田橋 家の光会館)
http://us-lead.com/kagurazaka-sms13/
5、DVDの撮影
6、セミナーや講習会の準備
7、ベルトの商品化
8、書籍の執筆準備
 
などなど、どれも納得できるようなものにしたいと思います。
 
書籍に関しては、
研究者として著名な東京大学の石井直方教授と
スポーツ医学の権威である柏口新二先生と
私との三名の共著ということになりそうです。
 
集中して執筆に当たりたいと思います。
 
ご理解の程、どうぞよろしくお願いいたします。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
□—————————-□

アスリートの筋トレ年間計画

最近よくアスリートの皆様から、
 
「シーズン中の筋トレはどうしたら良いでしょうか?」
 
という質問を受けることがあります。
 
11月から翌年2月までの4か月間に、
 
筋力アップを目的として重量に挑戦することは
たぶんアスリートであれば誰でも行っていることだと思います。
 
ではシーズンも同じように続けるのか?
 
もちろんオフジーズンと同じ重量で行い、
且つ試合での結果を出すことができればそれに超したことは言うまでもありません。
 
しかし「日本のスポーツ界の現状では不可能に近い」というのが私の見解です。
 
試合の他に、技術練習や体幹や走り込みなどの筋トレ以外の補強運動が多くなるためです。
 
筋トレを行う時にはすでに疲労が溜まっていて、
重い重量を使った筋トレは、それ自体にケガや故障を引き起こす大きなリスクを抱えています。
 
幸い、筋トレにはパワーアップのためのバリスティック・トレーニングがあります。
 
基本的には、
ベンチプレスやスクワットで50%1RM(一回限界の50%)の重量を使って、
 
爆発的な力発揮を行う方法です。
 
科学的には、ベンチプレスやスクワットなどの複合関節の運動は、
 
50%1RM(一回限界の50%)辺りで最大のパワーを出しますので、
 
その重量を用いて全力のスピードで、
押し上げあるいは立ち上がりながら力を出すことで、
 
パワーを引き上げることができます。
 
つまり、キレのあるスピードが出る体を手に入れるということです。
 
スクワットの場合、
1~2秒かけて同じ速さでしゃがみ、全力のスピードで爆発的に立ち上がるやり方です。
 
そうすることで、体には瞬間的に最大筋力(1RM)をはるかに超える重さがかかることになります。
 
そのことが、筋力や筋肉量の低下をある程度防いでくれます。
 
また、トレーニング処方(頻度・強さ・時間)も無理がなく実践することができます。
 
例えば、下記のような具合です。
週2回(頻度)、
50%1RM(強さ)、
15分程度(時間)、
 
できれば、シーズン中にも体組成を計ることをお勧めします。
 
体重・筋肉量・体脂肪率・徐脂肪体重・基礎代謝量/日などを計って記録しておきます。
 
その結果によっては、
筋トレのやり方を多少変更しなければならなくなるかもしれません。
 
アスリートの年間計画は、
オフシーズン用とシーズン用の2つの筋トレメニューが必要に思われます。
 
ここにも興味深くて、おもしろいことがあります。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
□—————————-□

1 / 12412...100...最後 »
  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2019 (1)
    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)
gym

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan