筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

『バリスティックトレーニング』について

『臨床整形外科2015Vol.50No.9』(医学書院)9月号に掲載されている、
誌上シンポジウム
「Life is Motion ― 整形外科医が知りたい筋肉の科学」での、
 
谷本道哉先生(近畿大学生物理工学部人間工学科)のテーマは
 
『アスリートにとっての筋トレ―使える筋肉・使えない筋肉』となっています。
 
内容としては、以下の4つのようになっています。
 
①筋パワーの基本性能は『量的要素』に大きく依存する
②筋肥大を促進するレジスタンストレーニング
③力―速度発揮能力を高めるトレーニング
④考察
 
③の「力―速度発揮能力を高めるトレーニング」についての中で、
谷本先生はパワーアップのトレーニングを、以下のように4つ紹介しています。
 
①プライオメトリクス
②バリスティックトレーニング
③高重量トレーニング
④筋肥大RT(レジスタンストレーニング=筋トレ)とのコンビネーション
 
今回は、②の「バリスティックトレーニング」について、
私の解釈を通して、概略を説明したいと思います。
 
バリスティックトレーニングとは、「動作の初期の急駿(爆発的)な筋力発揮によって、負荷を強く加速するような運動」を言います。
 
例えば、ベンチプレスやスクワットを行う場合、反動(チーティング)を利用して、動作の初めに爆発的に上げるようにすることです。
 
こうすることで、すばやく加速されたバーベルは、負荷が小さくなって、慣性で上がって行くことになります。
 
バリスティックトレーニングはSSC(伸張-短縮サイクル:stretch-shortening cycle)を利用した、「神経と筋肉の協調性を高める」プライオメトリックの中に入ります。
 
筋トレで鍛え上げた筋力をスポーツ動作に結び付ける大切な要素となります。
 
瞬発力を必要とする競技では特に重要になってきます。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』(ブックハウスHD)石井直方著
『筋肉をつける、使う。ケアする』(ベースボールマガジン社)谷本道哉著
『使える筋肉・使えない筋肉』(ベースボールマガジン社)谷本道哉著
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

『プライオメトリクス』について

『臨床整形外科2015Vol.50No.9』(医学書院)9月号に掲載されている、
誌上シンポジウム
「Life is Motion ― 整形外科医が知りたい筋肉の科学」での、
 
谷本道哉先生(近畿大学生物理工学部人間工学科)のテーマは
 
『アスリートにとっての筋トレ―使える筋肉・使えない筋肉』となっています。
 
内容としては、以下の4つのようになっています。
 
①筋パワーの基本性能は『量的要素』に大きく依存する
②筋肥大を促進するレジスタンストレーニング
③力―速度発揮能力を高めるトレーニング
④考察
 
③の「力―速度発揮能力を高めるトレーニング」についての中で、
谷本先生はパワーアップのトレーニングを、以下のように4つ紹介しています。
 
①プライオメトリクス
②バリスティックトレーニング
③高重量トレーニング
④筋肥大RT(レジスタンストレーニング=筋トレ)とのコンビネーション
 
今回は、①の「プライオメトリクス」について、
私の解釈を通して、概略を説明したいと思います。
 
プライオメトリックとは
 
「エクセントリックな収縮により筋肉を一度引き延ばしておいて(予備伸張)、
 
次の瞬間、
 
急激な収縮(コンセントリックな収縮)をさせることで、
 
爆発的なパワーを出させるトレーニング法」
 
ということになります。
 
このトレーニングは、「神経と筋肉の協調性を高める」という目的があります。
 
代表的なものに、箱の上から飛び降りた瞬間に、縄跳びをしているように飛び上がる、“ドロップジャンプ”があります。
 
谷本先生は、スポーツ動作につながるこのような「バネのある筋肉」を用いて、
バネのある動きについて「筋―腱の弾性を利用した動作」としています。
 
このように、「筋肉-腱複合体が強制的に一度伸ばされてから、収縮すること」を『SSC』と言います。
 
SSCは、「伸張-短縮サイクル:stretch-shortening cycle」のことです。
 
SSCでは、非常に大きなパワー(筋力×速度)を発揮することができます。
 
実際の運動では、SSCを用いて反動動作を使った筋トレはプライオメトリック・トレーニングとなります。
 
これは、いろんなスポーツ動作につなげて、使える筋肉を作る基礎的スキルということにもなります。
 
ここで注意しておかなければならないことがあります。
 
このような反動を使った運動は、筋肉・腱・関節に非常に大きな力が、瞬間的にかかります。
 
ケガや故障のリスクが高いということになりますので、軽い重量から動きを覚えて、慎重に行っていくようにします。
 
もちろん、筋肉を太く大きくすることが基盤となっていることを忘れないようにします。
 
エンジンの能力を引き上げる筋トレに加えて、エンジンを上手く運転する能力を引き上げることで、スポーツで使える筋肉づくりができます。
 
筋肥大・筋力増強の筋トレで『ベースアップ』、
反動を利用したプライオメトリクス(SSC)の筋トレで『チューンアップ』ということになります。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
<参考文献>
『レジスタンス・トレーニング』(ブックハウスHD)石井直方著
『筋肉をつける、使う。ケアする』(ベースボールマガジン社)谷本道哉著
『使える筋肉・使えない筋肉』(ベースボールマガジン社)谷本道哉著
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

使える筋肉にするトレーニング

『臨床整形外科2015Vol.50No.9』(医学書院)9月号に掲載されている、
誌上シンポジウム
「Life is Motion ― 整形外科医が知りたい筋肉の科学」での、
 
谷本道哉先生(近畿大学生物理工学部人間工学科)のテーマは
 
『アスリートにとっての筋トレ―使える筋肉・使えない筋肉』となっています。
 
内容としては、以下の4つのようになっています。
 
①筋パワーの基本性能は『量的要素』に大きく依存する
②筋肥大を促進するレジスタンストレーニング
③力―速度発揮能力を高めるトレーニング
④考察
 
③の「力―速度発揮能力を高めるトレーニング」について、
私の解釈を通して、概略を説明したいと思います。
 
筋トレで「筋肉のエンジンとしての基本性能」を高めるために、ベースアップとしての筋肉を太く大きくしたら、チューンナップとしてのパワーを高めるトレーニングが必要になります。
 
それが筋トレでつけた筋肉を、
アスリートにとっての使える筋肉にするためのトレーニングということになります。
 
すなわち、力・速度・パワーアップのための「力―速度発揮能力を高めるトレーニング」ということになります。
 
谷本先生はパワーアップのトレーニングを、以下のように4つ紹介しています。
①プライオメトリクス
②バリスティックトレーニング
③高重量トレーニング
④筋肥大RT(レジスタンストレーニング=筋トレ)とのコンビネーション
 
これらを上手く利用することで、スポーツでの競技動作につなげることができます。
 
筋トレでの「効かせる」動きに慣れてしまうことで、スポーツ動作では「使えない筋肉」になってしまう場合があります。
 
現実に、筋肉量はしっかりとあるのに、スポーツ動作が上手くできない人がいます。
 
それは、筋肉そのものに問題があるのではなく、「効かせる」という行い方に問題があるということになります。
 
筋肉のエンジンとして基本性能を高めるために、反動を使わないで効かせる動きは、筋トレでの筋肉量アップの基本であり、本質です。
 
その癖がスポーツ動作についてしまう場合、スポーツ動作が上手くできないという「使えない筋肉」ということになります。
 
そこで、「筋トレでの反動を使った動き」が注目されることになります。
 
これは、効かせる筋トレで作ったエンジンを、「スポーツ動作に生かす」ためのものです。
 
①~④をスムーズに行うためには、筋トレで「効かせること」と「反動を使うこと」の2つの意味を理解しておくことが必要不可欠になります。
 
例えば、バーベルカールでは反動ナシで40㎏やっとできるのが、反動アリではその2倍の90㎏ほどを行うことができます。
 
このような反動を使った動きは、スポーツでしなやかでキレのある動きを生み出すためのカギになっています。
 
筋トレの反動動作は、しなやかでキレのある動きを生み出す「基本的なスキル」ということです。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
<参考文献>
『筋肉をつける、使う。ケアする』(ベースボールマガジン社)谷本道哉著
『使える筋肉・使えない筋肉』(ベースボールマガジン社)谷本道哉著
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

1 / 1112...最後 »
  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2019 (1)
    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)
gym

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan