筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

奇跡の出会い

1513.⑲2013.10.9.7高西先日、
ソフトバンクホークスのキャンプで、
 
新コーチとして来られた方とお会いして初対面の挨拶をし、
 
お話している時に、
東京大学の石井直方教授の書籍を読まれているとのことでした。
 
その翌日、
『筋肉の科学』
(ベースボール・マガジン社)
東京大学大学院教授石井直方著、
 
というご本のハンディ版をお持ちになり、見せていただきました。
 
その“あとがき”の文章の中で、
私が名前入りで紹介されていましたので、
 
大変驚かれていました。
 
日本人の人口が1.27億人(2016年現在)ですので、
 
そのようなケースは奇跡ではないかと思います。
 
因みに、
そのコーチの方は先日逝去された
元早稲田大学教授の窪田登先生に、
 
筋トレを直接教わられていたようで、
窪田先生の書籍も読み込まれていました。
 
私もボディビルを開始した学生時代から、
窪田先生には大変お世話になっていました。
 
これも奇跡ではないかと思います。
 
ところで、
2か月ほど前に、
タトラボに見学にお見えになった女性の方とお話しをしていると、
 
以前から
石井先生のご本を読んでいらっしゃることが解りました。
 
私が42年来、石井先生とお付き合いをして、
 
石井先生の生理学に基づいた筋トレの基本理論を紹介しながら、
 
マルヤジムやタトラボ、
そしてホークスの指導に当たっていることに驚かれていました。
 
こちらもまた奇跡ではないかと思います。
 
先週の火曜日に、
ある高校の野球部監督がタトラボへお越しになりました。
 
「筋トレを本格的に取り入れたい」
 
ということでのご相談をお受けしました。
 
そのきっかけを作ったのが、
最近の東京大学野球部の活躍によるものでした。
 
来月の中旬には、
実際に東京大学に視察に行かれ、
 
浜田監督とお会いするとのことでした。
 
そこでも石井先生のお話しが出てきて、
石井先生と私の関係に驚かれていました。
 
石井先生が私に、
全くご縁がないような方々を
 
どんどん結び付けてくれているように思います。
 
多分これからもこのような出会いの予感があります。
 
出会いを大切にしながら、
筋トレの楽しさをお伝えしたいと思います。
 
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

筋トレの道案内

以前、
マルヤジムの指導を上手く伝えるためにマルヤジムのナビ(マルヤナビ)を作りました。
 
カーナビをモデルにして、
マルヤジムの指導の全体が見えるようにしものです。
 
これで、会員様が筋トレを行うことで
叶えたい目標を、
 
しっかりとサポートすることができます。
 
それを今回、改善してみました。
 
改めて気づいたことは、
なぜ、筋トレを行うのか?
 
という問いかけに対する答えです。
 
その答えはいろいろあるかと思いますが。
 
私の指導は、
今まで42年間お世話になっている、
 
東京大学大学院の石井直方教授の
「生理学に基づく筋トレの基本理論」に支えられています。
 
石井先生によると、
①運動の発動
②衝撃の吸収
③熱の発生
④循環の補助
 
筋肉には4つの基本的な役割があります。
 
私はそれらを現場で使いやすいように、
①体を動かす
②体を守る
③熱を出す
④血の巡りを助ける
 
というようにして、
①「体を動かす」の(う)
②「体を守る」の(ま)
③「熱を出す」の(ね)
④「血の巡りを助ける」の(ち)
 
ということでこれらをつないで
『うまねち』という言葉を作りました。
 
なぜ、筋トレを行うのか?
 
マルヤジムとしてのその答えは、
 
「『うまねち』を強力に向上させる」ということになります。
 
幸い、
筋トレを行うとこれらを同時に引き上げることができます。
 
筋トレを行う人は、
大まかに分けて以下のような目的を持っています。
 
1)ひきしめ・メタボ改善
2)老化予防・若返り
3)競技力向上
4)健康促進
5)成長・発育促進
6)病後などの体力回復
 
これらは全て、
筋肉の4つの役割の『うまねち』と、
 
切っても切れない関係で繋がっています。
 
それを上手く伝えるために、
「生理学に基づく筋トレの基本理論」が必要になってきます。
 
私にとっては
石井先生から教えていただいた理論はとても解りやすいものでした。
 
トレーニングセンターサンプレイでは、
石井先生のトレーニングパートナーを務めさせていただきながら、
 
実践を踏まえて生理学を学び、
筋トレの基本理論を学ぶことができました。
 
それが、マルヤジムやタトラボ、
そしてソフトバンクホークスの指導をガッチリと支えています。
 
マルヤジムナビには、
『うまねち』の他に、いくつかのマルヤワードがあります。
 
『きかにし』
『ふさよし・おたつ』
『さきフォ』
『ひろきけせび』
『SSS(スリーエス)』
『あこ』
 
これらの言葉を使って、
筋トレを行う方々の楽しい筋トレの物語が作られることになります。
 
私は筋トレの楽しさをお伝えすることで、
皆様方の幸せづくりのお手伝いをしたいと考えています。
 
マルヤナビで、
しっかりと安全を守りながら、
 
できるだけ速く確実に目的地へ行けるように、
 
ご案内したいと思います。
 
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

1512..IMG_4237

バブルサッカーと筋トレ

1511.①S__15671304
マルヤジムでは、
レクレーション活動として『バブルサッカー』を行っています。
 
大町謙悟さんという方が経営されている
「アローズ長崎」のコートを使用させていただいています。
 
アローズ長崎は、
長崎市三重地区の長崎新漁港にあります。
(長崎市多以良町1551-70)
 
昨日は、
マルヤジムの会員様が試合を楽しまれていました。
 
会員様の中には
家族連れで参加されている方もいらっしゃいました。
 
マルヤジムは
「筋トレの楽しさをお伝えすることで、
幸せづくりのお手伝いをします」
 
というコンセプトがあります。
 
マルヤジムやタトラボで
筋トレそのものを楽しむことはもちろんなのですが、
 
筋トレで手に入れた丈夫で健康な体を、
このような誰にでもできるようなスポーツをして動かすことも、
 
筋トレの周りにある楽しさの一つです。
 
1500坪ある敷地のコートは、
体に優しいより安全を考えた人工芝でできていて、
 
正式なフットサルの試合ができるだけでなく、
 
いろいろな運動ができるように工夫されています。
 
昨日も2、3歳の女の子が
走って遊んでいる時に転んでしまいましたが、
 
何とも無かったように立ち上がり、
また遊び続けていました。
 
私は
『子どもの筋トレ』のDVD(11/21発売)を出しました。
 
その中に、
小学生の低学年までは、
「遊びが筋トレになる」というお話しをさせていただきました。
 
遊びの中で、
体の正しい使い方を脳の中に書き込んでいきます。
 
しかしながら、
私たちが暮らしている周りの環境を見ると、
 
子どもたちが自由に遊べる場所が少なくなっています。
 
それに伴って、外で遊ばなくなり、
転んでもケガしないような体の使い方を覚えるはずの子どもが、
 
そのまま成長していくとその内、
転んで骨折などの大けがをする場合も出てきます。
 
アローズ長崎の大町さんはそのようなことも考えて、
 
子どもたちが伸び伸びと遊べる環境を作られています。
 
また、
高齢者の方もより安全に
体を動かしながら楽しまれるように工夫されています。
 
最近、
マルヤジムにも高齢者に加えて小学生から、
 
筋トレを行う人が増えてきました。
 
スクワットやプッシュアプ(腕立て伏せ)、
 
グッドモーニング(おじぎ)などの筋トレの基本となる運動を覚え、
 
無意識に正しいフォームができるようになってもらいたいと思います。
 
そうすることで、
歩くことは言うに及びませんが、
 
走る、跳ぶ、投げる、
などの動きがより正確に楽にできる体が手に入ります。
 
つまり、
正しい体の使い方を、
 
脳の中に無意識の記憶として、
簡単にプログラミングすることができます。
 
筋肉づくりとしての筋トレが、
動きづくりとしてのスポーツにつながっています。
 
子どもたちから高齢者まで楽しめる
万人向けのバブルサッカーというには、
 
その一つとして大変興味深いスポーツと言えそうです。
 
 
私の
『こどもの筋トレ』DVDのご案内(2017.11.21発売開始)はコチラです。
http://www.mlritz.com/link/113/1/311/1/

 
前回のDVDのご案内、
http://www.mlritz.com/link/113/1/228/2/

 
□—————————-□
TATLAB(タトラボ:高西トレーニング研究室)代表
マルヤジム 会長
長崎県体育協会スポーツ医科学委員
ソフトバンクホークス・トレーニングアドバイザー(ストレングス担当)
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://tatlab.jp/  (パーソナルトレーニングジム・タトラボ)
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/TATLAB.umanechi/
https://www.facebook.com/maruyagym
http://www.maruyagym.com/
□—————————-□

1 / 312...最後 »
  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2019 (1)
    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)
gym

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan