筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

体幹

最近、スポーツの現場では、体幹のトレーニングが流行っています。
 
体幹とは胴体のことで頭・脚・腕を除いた部分であると解釈しています。
 
大まかに4つでできています。
1,前(胸と腹筋)
2,後(背筋)
3,上(肩甲骨周り)
4,下(骨盤周り)
 
これらの部分を強化するためには、基本的な筋トレが必要に思います。
 
<胸>ベンチプレス
<腹筋>シットアップ
<背中>デッドリフトやベントロウ
<肩甲骨>ラットマシンプルダウン
<骨盤>スクワットやデッドリフト
 
と言った具合です。
 
 
ところが、現場では、
自重や自重を使った器具、ストレッチボール、ストレッチポール、1~2㎏の軽ダンベル ・・・などなど。
 
これらを、『体幹の強化』として、『筋肉を付ける目的』として、行っているように思われることがあります。
 
選手に「なぜ、基本的な筋トレをしないのですか?」との質問に
 
「自重を使った体幹トレーニングを行っています」
 
「自重を使った体幹トレーニングのために…・器具をやっています」
 
と言った答えが返ってきます。
 
 
これは筋トレと体幹トレの意味を、
正しく理解できていない結果だと思われます。
 
自重や自重を使った器具での体幹トレは、
体幹に、「競技で勝てる筋肉を付ける」には、“限界”があります。
 
それは、
「体幹の使い方を覚える」という点では、競技力向上につながり、非常に有効です。
 
しかし、
競技で勝つための体幹は、『基本的な筋トレで、筋肉を付ける』ということになります。
 
 
スクワット・ベンチプレス・デッドリフトなどで鍛え上げた肉体を観れば、“一目瞭然”ということになります。
 
 
本当に、“シンプル!”そう思います。
 
 
☆https://www.facebook.com/f.takanishi
も更新しました。ご覧いただければ幸いです。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi
 
□—————————-□

  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2019 (1)
    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)