筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

かまえ

ある時、
80㎏/10回のスクワットを行っている方がいらっしゃいました。
 
一生懸命に10回繰り返し行っているのを観ていると、前に倒れないように我慢しながら上げているように観えました。
 
横から観ると、明らかにつま先の真上方向に、バーの軌道がありました。
 
その方に
「前に倒れそうに、行っていませんか?」
 
と尋ねて、確認してから、かまえをつま先重心からカカト側へ、7cmほど移動してもらい行ってみました。
 
すると、一回目に、アッという声を上げ、苦しそうにゆっくりと上げていた、80㎏の重量をスッと、軽々と上げることができました。
 
周りに、喜び、楽しさがいっぺんに溢れました。楽しいひと時となりました。
 
“かまえ”の重要性を感じます。
 
かまえは、私のフォームづくりの最優先事項です。
 
中には、
上述のように、cm単位で調整をするのではなく、mm単位で調整をする必要がある方がいらっしゃいます。
 
その場にいて、シビれるほどの緊張感があります。
 
まるで、目を離したら殺される「命のやり取り」をしているような感覚におちいることがあります。
 
“最高の楽しさ”の瞬間です。
 
私の場合それは、はやり、“必死さ”の中にあるようです。
 
かまえをmm単位で詰めて行く作業は、筋トレの本質に近づく方法の一つかもしれません。
 
☆https://www.facebook.com/f.takanishi
も更新しました。ご覧いただければ幸いです。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi
 
□—————————-□

  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2019 (1)
    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)