筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

膝と股関節のスクワット

スクワットの枠組みを作る場合には、もう一つ、考えなければならないことがあります。
 
それは、スクワットを行う際に、直接かかわる関節のことです。
 
関節を視点にすると、
①膝関節スクワット、
②股関節スクワット
 
の2種類があります。
 
重力を頭に入れて、バーの真下の足裏まで垂直に線を引きます。
 
ここから地面を押す力が作用しています。
 
この線を『力の作用線』といいます。
 
この線から、
膝関節と股関節との垂直距離(モーメントアーム)を観てみます。
 
前提条件として、背骨はまっすぐに保ったまま、しゃがみながら前傾します。
 
つま先の上に重心がある場合、バランスを取るために上体が起きて、作用線から膝までの距離が長くなります。
 
膝が前に出れば出るほど、モーメントアームが長くなり、主に、膝伸展筋である太もも前の、大腿四頭筋に効きます。
 
逆に、踵の上に重心がある場合には、バランスを取るために、上体が前傾し、作用線から股関節までの距離が長くなります。
 
上体が傾斜すればするほど、モーメントアームが長くなり、主に股関節伸展筋である、お尻と太もも裏側、大臀筋と大腿二頭筋に効きます。
 
大腿二頭筋は、ハムストリングスとも呼ばれます。
 
このことを頭に入れて、基本的なフォームを考えると、パラレルやフルでしゃがんだ時に、
 
「つま先の真上に膝が来るフォームが、バランス良く太もも周りに効く」
 
ということになります。
 
このように、スクワットのフォームと作用する力との関係は、力の作用線とモーメントアームから、簡単に理解することができます。
 
最近は、膝を前に出さないように、意識して行っている人が多いように思います。
 
これは膝痛予防になりますが、
あまりに意識し過ぎて、極端な前傾になっている人もいます。
 
これでは、腰痛になるリスクが高まります。
 
更に、大腿四頭筋と大臀筋・大腿二頭筋とのバランスを崩す心配もあります。
 
このようなことを、チェックためにも、科学的な知識を持って、筋トレを進めて行くことが賢明に思います。
 
上級者になると、もっと細かく意識するようになり、
そのバランスをいかに取るか?
 
感覚的なものも含めて、大変興味深いのではないかと思います。
 
<参考文献>
『筋トレまるわかり大事典』
(ベースボール・マガジン社)
谷本道哉著
 
☆https://www.facebook.com/f.takanishi
も更新しました。ご覧いただければ幸いです。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi

 
□—————————-□

  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)
gym

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan