筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

筋トレの喜び

東京大学大学院の石井直方教授が上梓された
『筋肉革命』
<人生を楽しむ体の作り方>
(講談社)の中に、

「筋肉が、人生を長く楽しむための、重要なカギを握っている」

ということが書かれてあります。

その理由を、3点述べられています。
1.寝たきり予防
2.脂肪燃焼
3.脳の活性化

これらを、筋肉づくり(筋トレ)を行うことによって、向上させることができます。

筋トレを行っていない一般人の場合、足腰の筋肉は、30歳から70歳の間に、約半分に減ってしまいます。これを、筋トレで改善・予防することができます。

筋肉は、1㎏当たり、50キロカロリー/1日、エネルギーを消費します。

このように、筋トレでは、筋量を増やし、基礎代謝を引き上げることができます。ひきしめだけではなく、若返り、老化予防にもつながります。

最近の研究で、
「筋肉自体が脳に信号を送り、脳を動かす仕組みがある」

ことが分かってきているということです。

つまり、
筋トレによって脳を活性化することができます。

これが、「筋肉が脳を動かす」ということになります。

将来は、認知症の予防にもつながると期待されています。

これらの理由によって、筋肉づくりの運動(筋トレ)が、如何に大切か理解できます。

石井教授はご本の中で
「筋肉は、より充実した人生を楽しみ、いつまでも若々しくあるための基盤だといえるのです」

このように述べられています。

一般的に、筋トレを行う目的には、ひきしめ、老化予防・若返り、競技力向上、健康管理、成長・発育促進、病後の体力回復、などがあると思います。

このような目的を達成することで、喜びに満たされることは間違いありません。

そのために、指導を受けて、理論の勉強をして、実践を重ね、効果を上げるための努力を、日々積み重ねています。

実はその過程には、いろいろな喜びがあるように思われます。

1)指導者から指導を受ける喜び
2)指導者との会話をする喜び
3)気持ちの良いあいさつをする喜び
4)出会い・ふれあいの喜び
5)雰囲気を楽しむ喜び
6)理論を学ぶ喜び
7)理論を実践する喜び
8)実践して気づく喜び
9)気づきを話す喜び
10)失敗を成功につなげる喜び
11)進歩・成長を感じる喜び
12)苦しさを乗り越える喜び
13)感動を共有する喜び
14)体の変化を感じる喜び
15)気に入った体をデザインできる喜び
16)変化した体を褒められる喜び
17)精神的にも強くなる喜び
18)情熱を持つ喜び
19)自信を付ける喜び
20)明るい未来を信じる喜び
21)健康診断を受ける喜び
22)自然に笑顔・笑いが出てくる喜び
23)食事を美味しくいたいだく喜び
24)快眠できる喜び
25)質の高い生活を送れる喜び
26)明るい家庭を作り・支える喜び
27)仕事をバリバリこなす喜び
28)前向きに考え・行動する喜び
29)謙虚で感謝する喜び
30)社交的になる喜び
31)目配り・気配り・心配りの喜び
32)素直になれる喜び
33)利他の心を生み出す喜び
などなど・・・・。

筋トレの中にも、人生を楽しむための喜びが、溢れているように思われます。

☆https://www.facebook.com/f.takanishi
も更新しました。ご覧いただければ幸いです。

□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi
http://goo.gl/olSRgh

□—————————-□

  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2019 (1)
    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)