筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

素直な心について

パナソニックの創業者である松下幸之助さんは、社員によく「素直な人間になれ」といったそうです。
 
そこで、社員から「素直な人間になるとは、どういうことですか?」と言われ、返答に困ったということが自伝の中に書いてありました。
 
考えた結果として
『ありのままに、正直に物事を見る』という結論を出しています。
 
また、著名な経営コンサルタントで、多数の書籍を残している船井幸雄さんは、日本での成功した経営者に共通している資質として、
 
1.素直、
2.明るい(前向き)、
3.勉強好き、
 
という3つを挙げています。
 
経営の本質は
『他人を通して事をなすこと』、
 
一橋大学・カーネギーメロン大学出身の日本を代表する経営学者である伊丹敬之教授はそのように言われています。
 
これは、経営者の立場では、社員を素直に見ることによって、社員の考え方や価値観を理解することの重要性を言われているのではないかと思います。
 
というのは、
社員を束ねることが経営に取って、最も重要になってきますので、そのための基盤として、「社員の考え方や価値観を理解すること」になると思います。
 
社員が持っている力を一つに合わせることで、組織としての意味が出てきます。
 
相補的な足し算の力(コンプリメント)ではなくて、相乗的な掛け算としてのシナジー効果を上げるために、会社としての組織があります。
 
私は、マルヤジムの経営をして、そこで、『素直』について、学ぶことがありました。
 
マルヤジムの経営者として、話している時に、「社員は本当に理解してくれているのか?」の確認がなされていないことに気が付きました。
 
それは「解りきった、当たり前のことを、なぜ繰り返して言うのか?」という疑問を、社員が持ったままで、仕事が進行していることで理解できました。
 
そのことを教えてくれた社員には、大変感謝しています。
 
これは「経営者は、私(社員)のやっている事(考え方や価値観を含め)が解っていない、いや解ろうとしていない」という原因によるものと思われます。
 
ここで、初めて『素直』のほんの一部かもしれませんが、その意味を理解できたような気がします。
 
つまり、社員の立場からみれば、「この経営者は私に、解りきった、当たり前のことを何度も、一生懸命言っているが、そこには、私の人生を変えてしまうような、何か大切で重要なことがあるかもしれない。だからしっかりと受け止め、その本質的なことに気づく努力を続けよう」、このような考えが『素直』ということかもしれません。
 
筋トレでもそうですが、成果を上げるコツをあえて言えば『結果が出るまで、止めないこと』だという考え方には大変納得がいきます。
 
これは以前紹介した、ダウンタウンやナイナイを発掘した、吉本興業の竹中功取締役のお話しです。
 
この中には、日々のあいさつや掃除といった、解りきったことを、目配り、気配り、心配りを持って、繰り返し行い、
 
その単純さのために、つい疎かになったり、不満に感じるようになったりした時、上記のような「素直な心を持ち続けられるかどうか?」の大切なことが隠されているように思います。
 
「“明るい”あいさつをしましょう」「“キレイ”に掃除をしましょう」の本質は、その人の習慣を変え、人格を変え、運命を変え、そして、人生を変えるほど、大変奥深いと思います。
 
スクワットで50㎏がやっとできる人が、3年後200㎏できるようになる場合があります。
 
これは魔法みたいな、超能力と考えがちですが、そのプロセスはいたって簡単で、「毎日やるべきことを、行い続けること」だと思われます。
 
素直な心に目を向けると、「そんなことができるのか?私にはムリかもしれない」というような考えをちょっとおいて、
 
まずは、指導者のアドバイスに、素直な気持ちで向き合い、受け入れることで、自分のものにするために、素直に努力精進して、素直な心を身に着けることによって、200㎏の結果につながると思われます。
 
ただ言えることは、50㎏が、明日200㎏とはなりません。
 
しかし、3年という期間があれば、その可能性は格段に上がります。
 
このような結果を引き出すトレーニングは『素直な心』があればこそ、充分可能だと思います。
 
「素直な選手は伸びます!」ホークスのあるコーチの方から頂いた言葉です。
 
『魔法の言葉』だと思います。
 
私自身、指導者としての立場で、マルヤジムの会員様やスポーツ選手にアドバイスをする時、対象となる方々を『素直な心』で観たいと思います。
 
そして、『素直な心』でアドバイスを受け入れて頂ける努力を、徹底して行い続けたいと思います。
 
素直な心は、機会を見つけて生かすための、“前向きな考え”方や“勉強好き”にもつながっていると思われます。
 
☆https://www.facebook.com/f.takanishi
も更新しました。ご覧いただければ幸いです。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi
http://goo.gl/olSRgh
 
□—————————-□

  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2019 (1)
    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)
gym

CONTACT

gym

お問合せは
お近くの店舗へ

bottan

FUMITOSHI TAKANISHI

takanishi

マルヤジム会長
ストレングス・
トレーニングマスター

bottan

VOICE

voice

マルヤジムに通う
会員様の声

bottan

DUMBBELL EXCERCIZE

dambbell

100歳まで歩くための
ダンベル体操

bottan

TRAINING METHOD

method

マルヤジム式
正しい筋力
トレーニング法

bottan

STRETCH +

stretch

マルヤジム式
ストレッチ法

bottan

BEFORE AFTER

after

お客様の
トレーニング
ビフォーアフター

bottan