筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

時間に対する思い込み

筋トレ(筋肉づくり)を行う場合、例えば、1時間のトレーニング時間を半分の30分にすると、効果も半減すると考えている方がいらっしゃるように思います。
 
私も以前、そのように思うことがありました。
 
ところが、最初に30分というトレーニング時間を決めてから実践してみると、1時間行っている時よりも、はるかに効果を上げることができる場合があります。
 
これは、どこに目を向けるか?という課題への解決法として、非常に重要ではないかと思います。
 
例えば、
①30分で出す効果を、1時間行うことで2倍、もしくはそれ以上に出す
②30分で、1時間行った時の効果、もしくはそれ以上の効果を出す
 
①の考え方は、「時間を延ばすこと」で、②は、「時間を固定すること」で効果を上げると言うことになります。
 
①では、「30分より1時間、1時間より2時間と言うように、伸ばせば伸ばすほどに効果を上げる」というようになると思います。
 
②では、時間を30分と固定することで、「時間以外のことを工夫して効果を上げる」と言うことになります。
 
これらの考え方は、どちらが良いか?と言うことではなく、おかれている環境において判断することが重要に思います。
 
私は、若い頃に①を行い、いろいろな経験を積み重ねることができました。そのお蔭で、筋トレの指導者としての自信を得ることができました。
 
そして、アスリートの競技力向上やメタボなどのひきしめや老化予防などの健康づくりのための指導を行う中で、あまり時間が取れないクライアントの方々がいらっしゃることに気づきました。
 
私自身も、仕事が多忙になるに従って、短時間でのトレーニングで、如何に効果を上げるか?ということを考えながら実践することになってきました。
 
そこで、②のような課題と向き合うことになりました。
 
そして、『最短の時間で、最高の効果を上げる』という最重要課題を見出すことができました。
 
では、最高の効果を上げるためには、具体的にどうすれば良いか?と言うと、いろいろなことが考えられます。
 
その中で私が重視していることは、各トレーニング種目の“フォーム”です。
 
筋肉を大きく、太くする最高の効果を引き出すには、トレーニング科学に支えられた、正しいフォームを行う技術が必要に思います。日々トライ&エラーを繰り返しながら経験を積み上げ、技術力に磨きをかけて行きます。
 
そして、その技術に加えて“集中力”が必要に思います。
 
その上で、「筋肉を付けて強くなりたい!」という“思いの強さ(情熱=パッション)”が必要に思います。
 
筋トレには、時間に対する思い込み(固定観念)を外してみると、興味深いこと、おもしろいこと、楽しいこと、楽しみなことがいっぱいあるように思います。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

  • CATEGORIES