筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

心の揺れ動きと筋トレ

昨日マルヤジムで、36歳の男性の方が見学にお見えになり、体験をされました。
 
目的はダイエットということで、下記のような効果的なウエイトコントロール(体重管理)の説明を行いました。
 
①筋トレで脂肪が燃えやすい、脂肪が付きにくい体を作る
②活動的に生活をする
③食事のコントロールを行う
 
そして、スクワットやベンチプレスといった種目の実践を行いました。
筋トレの経験がないということで、最初は硬い表情をされていましたが、段々と笑顔になり、終わりごろにはニコニコされていました。
 
その間、体験者の脳の中ではゆらぎ(ノイズ)が起きていたようです。
 
「筋トレを行うべきかどうか?」といった心の揺れ動きしての脳のゆらぎは、私とのコミュニケーションを通して、段々と筋トレをしたくなるように整理整頓されていったように思います。
 
脳はこのようにして、ノイズを利用することで「筋トレをしよう!」という方向へ向かっていったように思います。
 
実は、ノイズというのは、脳の大切なエネルギーになっているそうです。
 
私は、実践の指導をさせていただきながら、筋トレの素晴らしさを伝えるようにしました。
 
それに対して体験者の方は、実際に行ってみて、正しいフォームに気づき、筋トレを続けることで、自分が望んでいるダイエットができるイメージが湧いてきたと思います。
 
そのイメージは、自分が今まで想像してきたものを超えているように思います。
 
そこには何か新しい、心がウキウキするようなダイエットができるという楽しみがあるように思います。
 
筋トレをするのか?しないのか?というノイズは、まだ見ぬ楽しさを生み出すエネルギーになっているということになります。
 
ノイズはまた、現在筋トレを実践している人にも有効に働いています。
 
トレーニング科学を勉強することで、フィードフォワードとしての情報を脳の中にインプット(入力)できます。
 
それらを利用し、実践して、何かに気づき、改善を加えてまた実践するという、フィードバックを繰り返し、経験を積み上げることで、螺旋階段を登るようなスパイラルアップがなされて行きます。
 
そうすることで、今まで想像もできなかったような方法を創造し、驚異的な結果につなげることができそうです。
 
ノイズというのは、創造を促すパワーであり、原料ということになります。
 
心の揺れ動きを利用することで、筋トレを心から楽しむことができます。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
<参考文献>
『単純な脳、複雑な「私」』(講談社ブルーバックス)東京大学教授 池谷裕二著
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

  • CATEGORIES