筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

筋トレの効果を出すための心理

プロ野球福岡ソフトバンクホークスの活躍が目立ってきています。
 
ホークスは筋トレを行うことが基本となっています。
 
私はこのようなチームのトレーニングアドバイザーをさせていただくことに心から感謝すると共に、大変幸せに思います。
 
また、筋トレの指導をさせていただきながら、野球と筋トレの関係をより良くするための方策を考え、実践する日々が続いています。
 
結果につなげるためには、技術練習は当たり前で、当然それを支えている体力面での取り組みも必要になります。
 
加えて、栄養・休養も必要です。
 
体力の要素としては、筋力・柔軟性・瞬発力(パワー)・敏捷性(スピード)・持久力(スタミナ)・平衡性(バランス感覚)・協応性などがあります。
 
これらの要素の中で、基盤となっているのが筋力です。
 
筋力は筋肉の大きさで決まりますので、筋トレを行って筋肉をより大きく、太くすることになります。
 
筋肥大・筋力増強をすることで、より楽に体を支えて、ケガや故障を予防し、技術練習やその他の補強運動をスムーズに行うことができ、それぞれの効果につなげることができます。
 
そのような知識を持っていても、実践する過程にはどうしても感情も伴って、心はいつも揺れ動いています。
 
そこで、どのような心境で筋トレに取り組むか?という課題が出てくることになります。
 
その解決策としては、
 
一つは、歩き方や走り方、泳ぎや自転車乗りのように、筋トレを繰り返し行うことで脳の中に、筋トレの正しいプログラムを書き込む方法があります。
 
二つ目は、トレーニング科学に基づいて知識を身に付け、筋トレの意味を理解することで、興味を持って取り組むようにします。
 
三つ目は、筋トレを実践することで、きつくて苦しい中におもしろさや楽しさを見出し、積極的な取り組みを行うようにします。
 
これらは脳の仕組みを利用したものです。
上手く組み合わせることで、更なる効果を引き出せるように思います。
 
因みに、脳は使えば使うほど、性能が向上する不思議な記憶装置だそうです。
 
まとめると、「素直な気持ちで、前向きに、実践に学びながら筋トレを行う」ということになりそうです。
 
ホークスの場合は、そのような心理状態が結果につながっているようにも思えます。
 
指導者としてはコーチングの基本に従って、選手の皆さんが自主的に、主体的に取り組んでいけるよう、サポートさせていただきたいと思います。
 
今日・明日は、福岡でホークの指導をさせていただきます。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
<参考文献>
『脳には妙なクセがある』(扶桑社)東京大学教授池谷裕二著
『記憶力を強くする』(講談社ブルーバックス)東京大学教授池谷裕二著
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

  • CATEGORIES