筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

スポーツ・健康の医科学と筋トレ

この度、創刊50周年を迎える医学書、
『臨床整形外科2015Vol.50No.9』(医学書院)9月号に投稿させていただきました。
 
掲載いただいたのは誌上シンポジウムのコーナーで、
 
「Life is Motion ― 整形外科医が知りたい筋肉の科学」
 
というタイトルがついています。
 
シンポジウムに参加されている方々は、以下のような著名な先生方でした。
 
①柏口新二先生(JCHO東京新宿メディカルセンター整形外科)
②石井直方教授(東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系)
③久野譜也教授(筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ医学)
④谷本道哉先生(近畿大学生物理工学部人間工学科)
⑤神谷武先生(JCHO東京新宿メディカルセンター整形外科、全日本柔道連盟医科学・強化委員)
 
大変ありがたいことに、私もその中に加えていただき、筋トレの実践法として
 
「モンスターエンジンを手に入れろ ― 筋トレの取り入れ方」
 
ということで述べさせていただきました。
 
このような、医学者や研究者・学者の方々との交流という経験を通して、スポーツ競技や健康づくりの中で、「筋トレの立ち位置と果すべき役割」を確認することができます。
 
また、医科学に支えられた筋トレの重要性を感じます。
 
そして、筋トレの実践者や指導者が、「トレーニング科学やスポーツ医学の勉強をすること」の大切さを感じます。
 
明日から、その概要を解り易く紹介してみたいと思います。
 
興味のあられる方は、是非このご本をお手元に置かれることをお勧めします。
 
私自身としては、最新の医科学を踏まえて、筋トレの一指導者として、これからの進むべき道が見えたような気がします。
 
これからこのご本を読み込んで、現場の指導にいつでも使えるよう、脳の中にしっかりとプログラミングしたいと思います。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

  • CATEGORIES