筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

劇的逆転勝利

長崎市のビッグNスタジアムで行われていた、社会人野球の第41回日本選手権九州地区予選(9月8日)で、
 
三菱重工長崎硬式野球部(重工長崎)は、第一代表決定戦で逆転勝ちして本大会出場を決めました。
 
重工長崎は筋トレを実践し、私はその指導をさせていただいています。
 
今回私は、当日の決定戦は福岡ソフトバンクホークスの指導で福岡出張でしたが、予選と準決勝では帯同させていただき、アップから試合終了時のクーリングダウンまで、全ての過程を観ることができました。
 
改善を重ねながらきめ細かく整備された内容で、水分補給から食事・補食、サプリメントの取り方など、選手各自が今まで行ってきたように、淡々と実践していました。
 
万全な状態で臨むために、肉体的にも万全な準備が整っていたように思います。
 
今までチーム一丸となって、集中した筋トレを行いながら、栄養学の基本に従って食事と補食、サプリメントの取り方を磨いてきました。
 
何とか、この大会までに完成に近づいてきたように思います。
 
食事で摂った栄養はほとんどが筋肉に溜まります。
 
重工長崎の選手は、筋トレで必死の努力を重ね、ガソリンタンクとしての筋量を増やしてきました。
おそらく、日本の全チームの中では、トップクラスであることは間違いないと思います。
 
と いうことは、筋肉内にガソリンとしてのエネルギー源となる糖質を満タンに溜め込むことができます。
 
その上、筋力も向上させてきましたので、瞬発的な力発揮能力も群を抜いているように感じます。
 
決勝戦では、2対2の同点で迎えた8回裏に1点を勝ち越されました。
 
それから最終回となる9回表の攻撃で、2死1塁から、下位打線の3選手による3連続安打3点を奪い、試合をひっくり返してしまいました。
 
今まで私が関わった重工長崎の試合の中でも、最高にシビレた内容でした。
 
これは私の考えですが、3選手が共に、脳の無意識の領域にアクセスできたようにも思えます。
 
脳のエネルギー源は唯一糖質になります。
 
試合開始1時間過ぎ辺りから、筋肉中のグリコーゲンが空に近い状態で減ってきますので、5回終了時の場内整備の休憩中でのエネルギー補給は、後半戦を考えても大変重要です。
 
今回、9回に3連打を放った3選手は、十分なエネルギー補給を行ったはずです。
 
私が観戦した試合の時にはいつも、バナナ・オレンジジュース・エネルギーゼリーなどをしっかりと摂っていました。
 
おそらく、その後9回までの間に、糖質の必要性を感じで、適宜補給していたと思います。
 
そのことが、脳にも好影響をしたと思われます。
 
今まで、エネルギーに満たされながらも、失敗を重ねながら上手く使われることが無かった脳が、全開状態で使われた可能性があります。
 
決勝打を放った選手のインタビューがあります。
 
「・・・・・楽に行けた」
 
開き直ることで、脳の中の無意識にアクセスして、イメージが完成し、それを行った結果のように思えます。
 
脳は糖質をエネルギーとして、体全体のエネルギーの20%も消費します。
 
筋トレでの筋肉を太く、強くすることによる競技力向上は、脳にも影響を与える可能性があるように思われます。
 
この劇的逆転勝利では、「脳が体(筋肉)を動かす」というレベルが「体(筋肉)が脳を動かす」というレベルになったように思います。
 
重工長崎の選手の皆さんは今回の経験で、勝負師としての『自信』を脳の“可塑性”(かそせい)を利用して、心の中に強く・深く刻み込んだように思います。
 
日本選手権が非常に楽しみになってきました。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

  • CATEGORIES