筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

筋パワーの基本性能

『臨床整形外科2015Vol.50No.9』(医学書院)9月号に掲載されている、
誌上シンポジウム
「Life is Motion ― 整形外科医が知りたい筋肉の科学」での、
 
谷本道哉先生(近畿大学生物理工学部人間工学科)のテーマは
 
『アスリートにとっての筋トレ―使える筋肉・使えない筋肉』となっています。
 
内容としては、以下の4つのようになっています。
 
①筋パワーの基本性能は『量的要素』に大きく依存する
②筋肥大を促進するレジスタンストレーニング
③力―速度発揮能力を高めるトレーニング
④考察
 
①の「筋パワーの基本性能」について、私の解釈を通して、概略を説明したいと思います。
 
筋力は主に筋量で決まります。
 
筋肉が出すスピード(短縮速度)は筋肉(骨)の長さで決まります。
 
つまり、筋力や筋肉が出すスピードは「形態的:量的な要素」で決まることになります。
 
筋肉が発揮するパワー(筋パワー)は、筋力×スピードで、筋肉の体積で決まります。
 
筋力を決定している筋量は、筋トレ(筋力トレーニング:レジスタンストレーニング)で増やすことができます。
 
筋肉の長さは、骨の長さに制約を受けていますので、トレーニングによって大幅に変化することは考えにくいそうです。
 
筋量アップは、筋力アップにもなりますが、スピードにもつながっています。
 
例えば、筋トレを行い、スクワットでから、60㎏/1回限界100㎏/1回限界に筋力アップすると、
60㎏での立ち上がりのスピードは、60㎏/1回限界の時よりアップしています。
 
これは、「力は加速度に比例する(F=ma)」という物理特性と、「スピードは相対負荷で決まる」という生理特性によります。
 
「スピードは筋力とは別のもの」といった考えは、科学的な根拠となる、筋肉の基本性能には当てはまりません。
 
科学の答えは「筋力はスピードそのもの」ということになります。
 
本質的な筋トレはアスリートの場合、「筋肉のエンジン(原動機)としての基本性能(馬力)を引き上げる」という大切な目的があります。
 
ところで、
先日のラグビーワールドカップイングランド大会では、南アフリカに勝利して、世界を驚かせました。
 
私にも、その背景に筋トレがあったことが情報として入ってきています。
 
もちろんラグビーのスキルがあっての体力向上の筋トレであることは間違いありません。
 
技術が拮抗してくると体力勝負になります。
 
体力を支えている筋力は、とても大切に思えます。
 
私は、プロ野球福岡ソフトバンクホークス(2015パ・リーグ優勝)や
 
三菱重工長崎硬式野球部(2015都市対抗・社会人日本選手権出場)の
 
筋トレの指導を通して、
 
体力を支える筋トレを観て、
勝利につながる場面を観てきました。
 
勝利につながる筋トレは、競技練習や試合の時の集中力と全く同じ感覚で行うことが重要に思います。
 
筋トレに命を賭して行う覚悟があるかどうか?
 
これが、驚異的な体力獲得の唯一の方法のように思えます。
 
覚悟を決めるには、それなりの理由が必要になります。
 
それが「力はスピードそのもの」ということになります。
 
驚嘆するような結果につながる筋トレの指導者は、選手の皆さんと「命を賭する覚悟のある人」と言えるかもしれません。
 
そのような覚悟を共有できることは、心から湧き出る喜びであり、人生を最高に楽しみ、晴れやかな気持ちで満たされているように思います。
 
今日は、ホークスの指導をさせていただきます。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
□—————————-□

  • CATEGORIES