筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

目が点になった驚き

宮崎での福岡ソフトバンクホークスの秋季キャンプ中、とても気になってしかたがないことがありました。
 
それは、東京大学の石井直方教授の新刊本
『筋肉の科学』(B.B.MOOK 1244 ベースボールマガジン社)のことです。
 
このご本はトレーニングの専門誌「コーチング・クリニック」誌の
2010年9月号から2015年11月号までの約3年間連載されたものをまとめてあります。
 
 
早速購入して目を通してみましたら、私の予感と期待に違わず、
 
今私のWebサイト
http://www.takanishi-fumitoshi.com 
で解説している『レジスタンス・トレーニング』を、
より具体的に、より深く掘り下げるために、必要不可欠なご本であることが解りました。
 
正に、私にとっての宝物となりました。
 
これで私は、確実にホークスの選手に、もっともっと理に適った指導ができる自信が湧いてきました。
 
また、マルヤジムは、老若男女様々な方が会員としてお越しいただいています。
 
その方々へ、私なりに最高の筋トレ物語に仕上げて、最高のプレゼントをお渡しできそうです。
 
もちろん、私なりの「おもてなしと楽しさ」を添えてお渡ししたいと思います。
 
 
ところで、今日のタイトルが「目が点になった驚き」となっています。
 
その理由は、このご本の「あとがき」にあります。
 
その一節を、石井先生のお言葉でご紹介します。
 
昨日は、神経が高ぶり、眠れない夜となりました。
 
 
「今年のプロ野球では、福岡ソフトバンクホークスの圧倒的な強さが光りました。
 
数年前からこのチームのトレーニングを担当してきたのが、長崎市の高西文利氏、
 
彼は現役時代の私のパートナーであり、
以来30年以上にわたって
 
筋肉やトレーニングについて共に学んできた仲間でもあります。
 
 
彼が指導するトレーニングは決して特別なものではなく、
 
あくまでも『基本』に忠実で地道なもの。
 
ただし、個々の選手に対して、
 
筋肉の重要性、
トレーニングの仕組みと意味などを粘り強く説明し、
 
十分に納得してもらうことから始めます。
 
トレーニングを行う側にとっても、
指導する側にとっても、
 
知識が重要なことを示すよい例だと思います」
 
 
私は、この原稿を書きながら、とめどなく溢れ出る涙を抑えることができません。
 
全く石井先生のおっしゃる通りです。
 
私は素直に、ただ石井理論の素晴らしさを伝えたかったというのが本音です。
 
 
石井先生との出会いから、もう既に40年という歳月が流れました。
 
その出会いは、昨日のようにはっきりと思い起こすことができます。
 
石井先生が私に初めてかけられた言葉、
長崎に帰る時にかけていただいた言葉、
 
私の将来を予測したアドバイスは、そのまま実現しています。
 
石井先生は、私を驚かすことが好きなようです。
 
今思えば、
たぶん、私が石井先生のお話しに興味を持ち、
 
まるで魔法にかかったようにピカピカの眼差しで、
 
ワクワク・ドキドキしながら、
 
食い入るようにお話しをお聴きしたことによるのかもしれません。
 
神様からのギフトは本当にありました。
 
それも突然に!
 
これからも、地味で、地道な努力を、止めることなく、積み重ねて行きたいと思います。
 
皆様に「筋トレの楽しさ」をお伝えしたいと思います。
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
FB写真:石井先生と私
トレーニングセンター・サンプレイにて
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
□—————————-□

  • CATEGORIES

  • RECENT ENTRIES

  • ARCHIVES

    • 2019 (1)
    • 2018 (57)
    • 2017 (47)
    • 2016 (100)
    • 2015 (392)
    • 2014 (33)