筋力トレーニングなら長崎のマルヤジム

reserve
  • image06

    Make Yourself Beautiful

    more_information

  • image01

    Semi Personal Training

    more_information

  • image02

    Comfortable Place

    more_information

  • image03

    Fumitoshi Takanishi Method

    more_information

  • image04

    Anti Aging

    more_information

  • image05

    Keep Challenging

    more_information

  • image07

    Enjoy Training

    more_information

対象者に合わせる筋トレの指導

私のお客様は、アスリートであったり、子どもたちであったり、女性であったり、高齢者の方であったり、いろんな方が対象になります。
 
マルヤジムには、老若男女がお越しになっています。
 
そのような方の指導では、科学的な意味を説明しながら、方法としての技術を指導させていただいています。
 
このような場合、筋トレは万人向けですので、対象者(クライアント)に合わせた指導をすることが重要になります。
 
先日、子供たちの筋トレを指導させていただきました。
 
その時には、一般成人が行うような筋トレではなく、発育・成長を促進する筋トレの指導を行ってきました。
 
そのための基礎知識として、
 
子どもたちの体がどうのようになっているのか?
 
あかちゃん・幼児・小学生・中学生・高校生といった、
 
成長していく段階の特徴を知ることが大切になると思います。
 
現在、子どもたちの体力低下が進んでいます。
 
その原因は何か?
 
その背景には何があるのか?
 
これらに対する答えを、筋トレ指導者だけでなく、子どものご両親やスポーツ指導者などの関係者は、
 
子どもたちに、自分の体重だけで行うヒンズースクワットや腕立て伏せ(プッシュアップ)などを説明する前に、知っておくことも重要になると思います。
 
そうすることで、より安全に、より確実に、成長・発育促進の効果を上げることができます。
 
また、
高齢者の指導においても、
日本社会の現状と私たちの社会が求める便利で安全な環境について、
 
指導する側もされる側も共通理解が必要に思います。
 
日本は今、世界でもまれにみる高齢社会に入っています。
 
あと5年もすると、女性の平均寿命が90歳になるようです。
 
そして、自分の足で歩いて自立でき、健康でいられる寿命は70歳とのことです。
 
その間のナント20年間は、寝たきりなどの介護が必要な期間ということになるそうです。
 
その背景には、豊かになった環境があります。
 
今の時代はバリアフリーで、高齢者の方には大変便利な環境になっています。
 
これを体力(筋力)に視点で見れば、老化を促進しているとも言えそうです。
 
そこで、老化に抗うことができる筋肉を作る筋トレ(筋肉づくり)の登場です。
 
高齢者の方に易しい、優しい筋トレがあります。
 
誰でも、簡単に、いつでも、いつまでもできる筋トレがあります。
 
それを叶えるのがスロートレーニング(スロトレ)です。
 
但し、効果を上げるためのポイントがあり、ケガや故障予防のための注意点があります。
 
これらは、対象者の体力に合わせて、安全に行うことになります。
 
上手くいけば、20年間の寝たきりなどの、介護されながら生きてく期間を、
 
自立して人生を楽しめる期間に変えることができます。
 
筑波大学大学院の久野譜也教授の下記の書籍によると、
 
驚くことに、18年以上も健康でいられる寿命を延ばすことも可能なようです。
 
おこがましいことですが、私はこの先に挑戦したいと思っています。
 
筋トレの素晴らしさが際立つ時代が訪れたように思います。
 
指導者は、筋トレをされる方の体に合わせた筋トレの指導が大切です。
 
もちろん、筋トレという料理を美味しく、楽しんでいただくためには、真心のおもてなしが必要です。
 
<参考資料>
『子どもの能力をとことん伸ばす、筋力トレーニング』(マイコミ)東京大学大学院教授石井直方著
 
『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない46の理由』筑波大学大学院教授久野譜也著
 
今日も一日を大切に、元気に過ごしましょう。
 
□—————————-□
マルヤジム 会長
ストレングス・トレーニング・マスター
TAKANISHI FUMITOSHI
髙西 文利
http://www.maruyagym.com/  ☆更新☆
http://www.takanishi-fumitoshi.com  ☆更新☆
https://www.facebook.com/f.takanishi  ☆更新☆
http://goo.gl/olSRgh  ☆髙西文利のページ更新☆
https://www.facebook.com/maruyagym
□—————————-□

  • CATEGORIES