本文へ移動

ビフォーアフター

小林光司(マルヤジムスタッフ)

トレーニングを始めて約2年。
マルヤジムの先輩社員に「ボディビルの大会に出場しない?」と大会出場を勧められました。
この一言で僕のトレーニング人生が変わりました。
まず、期限の決まった目標ができたことによって「頑張らないと!」ということが常に頭の中にありました。頭から離れない目標ができたことで筋トレの取り組み方、食事の取り方がガラリと変わりました。
大会出場を決めてからの減量では68kgあった体重が5ヶ月で55kg(ー13kg)に。
減量でカラダに変化が起きたのか、野菜を美味しいと感じたことがなかった僕ですが、減量を始めたら美味しく食べることができるようになりました。筋トレで起きるカラダの変化は見た目だけではないようです。
 
 

山口隆様

トレーニングを始めて3年半が経ちました。
昨年メンズフィジークという競技を知り、漠然とではありますがこの競技に出場できるようなカラダをつくりたいと思っていました。
そして、昨年秋に「今年(2015年)長崎でメンズフィジーク大会を開催できそうという話を聞き、明確な目標として取り組んできました。
トレーニングを始めてから昨年秋まではとにかく筋肉量アップに取り組み、昨年11月の体重は79kg→今年7月には、71kgと8ヶ月で8kg減量して大会に臨みました。
初めての減量でしたが、短期間の1〜2ヶ月で急激に落とすと筋肉量も落としてしまうかもしれないと思い、1kg/月を目標として筋肉量が落ちていないかをトレーニング強度で測りながら、無理のない食事などを考え取り組んできました。
初挑戦の大会で、「決勝進出(ベスト6)も厳しいかも」と思われた、最も激戦区の176cm以下級(172cm以上176cm以下のクラス、12人出場・決勝進出者6人)で、何とか第4位の成績を獲得できました。
今回の成績はまだ自分では満足できる結果とは言えません。今回の大会でお会いすることができました、全日本トップランカーの方々に刺激され、宣言した、今年の「全日本大会出場」を次の目標に掲げさらに頑張っていきたいと思います。
 
 

平湯史郎様

入会して4年になります。
昨年(2014年)ボディビルの大会を見たのがきっかけでトレーニングのし方がガラッと変わりました。
新しい競技 「メンズフィジーク」が長崎で開催されることが決まり、「よーしこれを目標にしよう!」と9月から本格的なトレーニングを開始。
迫るコンテストへ向けて2月24日から始めた減量で、75kgあった体重は、、7月8日までの約4ヶ月の減量で55kg(-20kg)に。初挑戦で-174cm級4位の成績を獲得できました。
減量が苦しく感じられた時がありましたが、やり遂げられたのは目標を明確にしたことが最大の要因です。目標って大事だなとつくづく思いました。
しかし、まだまだ満足できな いカラダです。来年の大会にも出場して今年の自分を大きく上回る自分づくりをしていきます。